三上博史が“暴君”のような社長に!

写真拡大

 堂場瞬一氏の小説「社長室の冬」を原作とするドラマ「連続ドラマW 社長室の冬 巨大新聞社を獲る男」が4月30日からWOWOWで放送されることが決定。「連続ドラマW」枠への出演は「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」以来約2年ぶりとなる三上博史が主演することがわかった。

 堂場氏の「社長室の冬」は、「警察回りの夏」「蛮政の秋」に続く小説シリーズ“メディア三部作”の完結編。伝統ある巨大新聞社・日本新報が外資系企業へ“身売り”を画策するという衝撃的なストーリーで、現代の“メディアのあり方”を問いかけている。三上の役どころは、日本新報の身売りを引き受けようとする米国の巨大ネットショッピング会社AMCの日本法人社長・青井聡太役。元日本新報の記舎だった青井は、まるで暴君のような振る舞いで過激な要求を繰り返し、日本新報を翻弄していく。

 「今の時代は情報過多なんだということを改めて考えさせられる内容でした」と台本の感想を述べた三上は、自身が演じる青井という人物を「WEB社会である世相を上手く取り入れたプロフェッショナル」「(ドナルド・)トランプ大統領のようにメディアと真っ向から向き合い、対峙したときの憤りですらもたくましく利用する人物像に近いのかもしれません」と説明。青井の「ブレない信念やビジョンを持っているたくましさ」を見習いたいとしつつも「僕も演じることに対しての“執念”という熱量では青井には負けていないと思いますので、そういった部分を演技で存分に発揮できればと思います」と自信をみなぎらせている。

 「業界内外の反応についても、怖いような楽しみなような気持ちです」と本作に期待を寄せる原作者の堂場氏。三上については「変幻自在の演技を見せる役者さん」というイメージを抱いていたようで「(青井という人物は)様々な経験、複雑な思いを胸に抱き、裏も表も横もある、一筋縄ではいかない人物です。三上さんの手によってどのような“青井像”に仕上がるのか、非常に楽しみです」と告白。そして「明治から続くエスタブリッシュメントの常識が、新時代の流れの中で崩れゆく様を楽しんでいたければと思います」とコメントを寄せている。

 「連続ドラマW 社長室の冬 巨大新聞社を獲る男」の特報映像が、公式YouTube(https://youtu.be/Hnq6NrxLxGs)で公開中。4月30日からWOWOWで毎週日曜午後10時放送。全5話。第1話のみ無料放送される。