タレントのヒロミが2日放送のTBS系『櫻井・有吉THE夜会』に出演。過去にジャニーズJr.が出演していた番組MCを務めていたヒロミは、当時を振り返りながらランキングを付けると、嵐の櫻井翔が「腹黒ランキング」の1位に。ヒロミは「ヤンキーちょっと入ってたんだよね」などと当時の櫻井に抱いていた印象を明かした。

 番組では、1998年〜1999年にかけて放送されたテレビ朝日系『8時だJ』のMCを務めたヒロミと当時、親交が深かったという、滝沢秀明、櫻井翔、生田斗真、松本潤、二宮和也、相葉雅紀の6人を対象とした「ヒロミのジャニーズ 良いやつ腹黒ランキング」を発表。「良いやつランキング」では、2位・生田、3位・松本、4位・相葉、5位に二宮が入った。

 ヒロミは生田について「声変わりする前でよくイジッてた」と話し、松本は「その当時から可愛らしい子で、スター性のある子」との印象を持っていたという。

 さらに、相葉のことを当時、「スーパーアイドル相葉ちゃん」と呼んでいたことを明かしたヒロミ。将来的に“スーパーアイドル”にはならないと思っていたためそのニックネームを付けたが、「本当にスーパーアイドルになっちゃったんでね」と感心している様子。そして、二宮は「本当にずっとボーっとしてる子だった」と紹介した。

 MCの櫻井はこの段階でランキングに入らず。用意されたボードに「6位」の枠はなく、櫻井のランキングは「圏外」として紹介された。

 ヒロミは当時の櫻井について、「ヤンキーちょっと入ってたんだよね」と紹介。全員が″売れたい″″スターになりたい″と思っているなかで、「櫻井なんかは、ちょっと斜に構えたお兄ちゃんみたいな。今のこんなのなんて考えられない」との印象を持っていたようだ。

 これに櫻井も同調し、「辞めようと思ってたから。面白くなれば良いかなと思って、変なかき回し方してた。それは扱いづらい」と話し、″良いやつ″に入らなかったことに自分自身で折り合いを付けた。

 続いて、「腹黒ランキング」を紹介。すると、2位に滝沢、二宮、生田、相葉、松本が入った。必然的に「1位・櫻井」ということになるため、櫻井は「ヒロミさん、もう帰ってもらって良いですか」と不満顔。櫻井自身で1位の欄をめくると当然のごとく「櫻井翔」の名前が登場した。

 ヒロミは「やっぱ、1位取っとかないと」と告げたが、櫻井は「嬉しくないですよ」と声を荒げて返答。ヒロミは「さっきも言ったように、斜に構えてるような子だったからね」と理由を説明した。

 ただ、ヒロミは「勉強もすごく出来る子だし、頭がいいから。考えながらやるタイプというか、本気でグレてるわけじゃないから」と櫻井を優しくフォローした。

 櫻井は「丘サーファー、ファッションヤンキーみたいな」と同意し、ヒロミは「塾行ってるのも知ってるしね」と当時の櫻井を懐かしそうに振り返っていた。