日本には新型パナメーラが上陸したばかりですが、2017年3月7日より開幕するジュネーブモーターショーにおいて、ポルシェが「パナメーラ スポーツ ツーリスモ」を世界初公開します。

1

これはパナメーラの新ボディバリエーションとなるもので、パナメーラがスポーツサルーン(セダン)であるのに対して、スポーツ ツーリスモは、ボディ後半がステーションワゴン的なシルエットに変わっているのが特徴です。

ボディサイズは次の通り 。

全長:5049mm
全幅:1937mm
全高:1428mm
ホイールベース:2950mm

全高がわずかに高くなっている以外は、ショートホイールベース仕様のサルーンボディと同等のサイズとなっています。とはいえ、Bピラーから後半のボディは、スポーツ ツーリスモ専用に仕立てられたもので、大きなテールゲートを持つラゲッジスペースの眺めはスポーツ性とユーティリティの両立を感じさせるものとなっています。

後席は40:20:40の分割可倒式。後席使用時のラゲッジ容量は520リッター、最大1390リッターまで拡大します。そのリアシートは3名乗車となっているのもパナメーラとしては注目のポイントといえるでしょう。

ジュネーブモーターショーでの世界初公開を前に、欧州での発売予定日を2017年10月7日と発表したパナメーラ スポーツ ツーリスモ。ドイツ仕様のグレード(最高出力)と価格は次にようになっています。

パナメーラ4スポーツツーリスモ(243kW/330PS):97,557ユーロ
パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ(340kW/462PS):112,075ユーロ
パナメーラ4Sスポーツツーリスモ(324kW/440PS):120,048ユーロ
パナメーラ4Sディーゼル スポーツツーリスモ(310kW/422PS):123,975ユーロ
パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(404kW/550PS):158,604ユーロ
(全て付加価値税込み)

ポルシェのステーションワゴンらしくスポーツ性も十分以上。可変タイプのルーフスポイラーを備えているのも、大いに話題となりそうです。

(山本晋也)

【関連記事】

ポルシェ新型パナメーラ日本上陸、かつての911 GT3より速く、価格1132万8000〜2540万円
http://clicccar.com/2017/02/28/449875/

パナメーラの新モデル「スポーツツーリスモ」、詳細レポート&レンダリングCG決定版!
http://clicccar.com/2016/12/16/426686/

自動調整スポイラーを装備!パナメーラのワゴンモデルがニュルを疾走
http://clicccar.com/2016/11/09/414979/

ポルシェ・パナメーラのツーリングワゴン版が登場【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/04/450988/)