料理が得意な人って男女問わず魅力的ですよね。彼氏に手料理を振る舞ってあげたい、という気持ちはとてもステキですが気をつけておきたいことも……。今回は、相手をがっかりさせてしまうキッチンでの行動を見ていきましょう。


その1:洗い物ができない


作るのは楽しいけれど、後片付けが苦手という人は少なくないはず。「君が作ってくれたんだから、僕が後片付けをするのは当然だよ」と役割分担をしてくれる相手ならいいですが、毎回すべて相手にやらせるわけにもいきません(もちろん本音を言えば、自分が作ったなら片付けはやってほしいものですが)。

食器や調理器具を必要以上に汚しすぎれば、洗い物が大変になるのは当然。できればこれは避けたいものです。料理を作りながら、ささっと使い終わった道具を洗うことを心がければ、キッチンが予想外に汚れることはありません♪ ちょっとした意識でかなり作業効率は上がります。

その2:生ゴミ放置で臭いまま……


彼氏の家で料理を作ってあげたとき、1番嫌がられるのがにおい。家中ににおいが染み付いてしまったら、せっかくおいしい料理を作ってもらっても、ちょっと残念な気持ちになりますよね。

・換気扇をしっかり回して調理する
・魚を調理したときに飛び散った油はすぐに拭き取る
・生ゴミは必ず放置せずにごみ袋に入れてしっかりと分けておく
・排水溝に生ゴミをためたままにせず、その都度捨てる

こうしたことを徹底するだけで、たいていのにおいは取れます。ぬれ布巾にレモンの絞り汁やオーガニックの精油などを垂らして拭くだけでも、かなり爽やかになりますよ♪


その3:調味料や油のふたを開けっぱなし


調理の最中に使った調味料や油のふた、開けっぱなしにしていませんか? 人のお宅にお邪魔して調理をした時、調味料や油を使ったまま放置しておくのは絶対にNG。油は酸化してしまうだけでなく、こぼしたときの後始末が大変です。

ふたを開けたら必ずすぐに閉める。簡単なことですが、この一手間は欠かせません。

その4:布巾がビチョビチョ……


キッチンの必需品といえば、布巾。調理で汚れた台所を掃除するために使いますが、ビチョビチョのままで放置していませんか? しっかりと水気を取っておかないと、雑菌が繁殖するだけでなく悪臭の原因にもなりますよね。また、臭くなった布巾でそのままキッチンやテーブルを拭いたら大変……! 

生臭い臭いが染み付いてしまうので、かならず使用済みの布巾はしっかりと洗って水気をきっておきましょう。もちろん洗濯機で定期的に洗って、汚くなったら新しいものに取りかえることもお忘れなく。


水回りをキレイにしておけば気持ちもスッキリ


料理って作るのは楽しいけれど、後片付けが苦手という女子はたくさんいます(まぁ誰だって、本音を言えば片付けなんてやりたくないのです……)。

とはいえ、料理は食材の用意、調理から片付けまでトータルで成立するもの。においの原因にもなりやすい台所周りは、できるだけ清潔に使うように心がけることで気分もスッキリします。

もちろん、彼氏のために一生懸命になるのもステキですが、あなた1人の負担にならないように、彼氏と役割分担して料理を楽しんでくださいね♪ 決して「料理は女がするものだから、私1人が無理してもしょうがない」なんて思う必要はありませんよ。
(ヤマグチユキコ)