A代表初スタメンで2ゴールを挙げた長谷川。次戦も「ゴールを奪いたい」と意気込む。(C) Getty Images

写真拡大

[アルガルベカップ]日本 2-0 アイスランド/3月3日(金)/パルシャル

 なでしこジャパンにニューヒロインが誕生! 

 ポルトガルで開催されているアルガルベカップに参加しているなでしこジャパンは3月3日、グループリーグ第2戦に臨み、アイスランドに2-0で勝利した。

 この試合で躍動したのが20歳の新戦力・長谷川唯だ。昨秋のU-20女子ワールドカップでも攻撃陣の中心として日本の4強入りに貢献し、今大会でA代表初招集された長谷川は、アイスランド戦で初先発を果たした。

 4-4-2の左MFで立ち上がりから抜群の存在感を見せた長谷川は11分、中盤で後方からのパスを受け、ワンタッチで前を振り向くと相手ゴールを確認して右足を一閃。GKがやや前に出ていたのを見逃さずに放ったミドルシュートが、ゴールネットを揺らした。

 長谷川の勢いは止まらない。4分後には横山久美からのクロスを右足ボレーで押し込み2点目をゲット。A代表2戦目の20歳が、大きく流れを引き寄せた。

 U-20でともにプレーをした左サイドバックの北川ひかるとの連係もスムーズで、屈強なフィジカルを持つアイスランドの守備陣を翻弄した。

 後半は全体的に落ち着いた展開となったが、2点差を保ったままタイムアップ。日本が2-0で勝利し、通算成績を1勝1敗とした。

 初スタメンで2ゴールを挙げた長谷川は試合後、「強い気持ちを持って、これからもなでしこに選ばれるようにアピールをする場だと思っていた。その中で結果が生まれて良かった」とホッとした表情を見せた。さらに、「後半は前を向く場面が少なかった。後半も前半と同じようにできれば良かった」と90分の安定したパフォーマンスを課題に挙げた。

 この試合ではスペイン戦に続き、長谷川のほか、北川、籾木結花とU-20世代の選手3人が出場し、好パフォーマンスを見せている。なでしこジャパンに、若い力が確実に芽吹きつつある。

【ハイライト動画】なでしこジャパン、アルガルベ杯で高倉体制初勝利!|日本 2-0 アイスランド