全部で6人!W杯を経験した現役の外国籍Jリーガーたち

写真拡大

ヴィッセル神戸への移籍がついに発表されたルーカス・ポドルスキ。

加入は6月以降となるが、世界的スターのJリーグ挑戦に日本のサッカーファンは沸いている。

さて、そんなポドルスキは2014年に行われたワールドカップの優勝メンバーである。2006年と2010年大会でもそれぞれ出場しており、ワールドカップに縁の深い選手である。

では、現役Jリーガ―の中でワールドカップを経験した外国籍選手は一体何人いるのだろうか?調べてみた。

1. ズラタン・リュビヤンキッチ / Zlatan Ljubijankič

生年月日:1983/12/15 (33歳)
所属クラブ:浦和レッズ
ポジション:FW
代表チーム:スロベニア代表
W杯通算成績:3試合1得点

2010年ワールドカップのグループステージ全3試合に出場。かつてJリーグでプレーしたミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチと2トップを組み、好ゲームとなったアメリカ戦では2点目となるゴールも奪った。

2. ネイツ・ペチュニク / Nejc Pečnik

生年月日:1986/01/03 (31歳)
所属クラブ:大宮アルディージャ
ポジション:FW
代表チーム:スロベニア代表
W杯通算成績:2試合0得点

ノヴァコヴィッチやズラタンとともに、2010年のワールドカップに出場。アルジェリア戦、アメリカ戦ともに途中出場となり、出場時間は20分ほどであった。最近ではEURO2016予選のイングランド戦で、ジョー・ハートからゴールを奪っている。

3. ドラガン・ムルジャ / Dragan Mrđa

生年月日:1984/01/23 (33歳)
所属クラブ:大宮アルディージャ
ポジション:FW
代表チーム:セルビア代表
W杯通算成績:0試合0得点

2010年ワールドカップのセルビア代表メンバーだったムルジャ。出場の機会はなかったものの、本大会前に行われた日本代表との強化試合で2ゴールをあげている。なお、この時のW杯メンバーには元セレッソ大阪MFゴイコ・カチャルがいる。

4. チョン・ソンリョン / Jung Sung Ryong

生年月日:1985/01/04 (32歳)
所属クラブ:川崎フロンターレ
ポジション:GK
代表チーム:韓国代表
W杯通算成績:6試合0得点

外国籍の現役Jリーガで、唯一ワールドカップを2大会経験しているチョン・ソンリョン。2010年大会は全4試合でゴールマウスを守り、リオネル・メッシやルイス・スアレスと対戦。2014年大会は2試合に出場したが、ミスもあって第3戦のベルギー戦はベンチに座った。

5. チョン・テセ / Chong Tese

生年月日:1984/03/02 (33歳)
所属クラブ:清水エスパルス
ポジション:FW
代表チーム:北朝鮮代表
W杯通算成績:3試合0得点

北朝鮮代表のエースとして、チョン・テセは2010年のワールドカップに全試合フル出場。チームは全敗で敗退したものの、国歌斉唱の際に見せた涙は多くの人の心に刻まれている。仙台MFリャンヨンギは、手続き上の問題で最終メンバーに残れず。

6. キム・スンギュ / Kim Seung Gyu

生年月日:1990/09/30 (26歳)
所属クラブ:ヴィッセル神戸
ポジション:GK
代表チーム:韓国代表
W杯通算成績:1試合0得点

2014年ワールドカップの第3戦で、チョン・ソンリョンに代わってゴールを守ったキム・スンギュ。試合はヤン・ヴェルトンゲンにゴールを許し、0-1の黒星に。現在はC大阪のキム・ジンヒョンと正Gk争いをしている。