iPhoneのロック画面の左下に、アプリのアイコンが表示されることにお気づきでしょうか。

前に見たときとは異なるアプリが表示されることもあり、不思議に思っている方も多いかもしれません。

謎のアイコンはなぜ表示されるのか?

iOSには、iPhoneの位置情報などの状態から、ユーザーがいま必要としているアプリを推測する機能があります。

この機能が「必要」と推測したアプリのアイコンが、ロック画面の左下に表示される仕組みになっています。

たとえばiPhoneにイヤホンを接続しているとミュージックアプリや、直前に使っていた音楽・動画アプリのアイコンが現れます。


ロック画面の左下にあるアイコンを上にスライド。iPhoneのロックを解除すると、そのアプリを直接開くことができます。


このアイコンが表示されるのは、実はロック画面に限りません。ホームボタンを2回連続して押すと現れる、アプリの切り替え画面にも現れます。

画面下のタブをタップすると、そのアイコンのアプリを開くことができます。


ロック画面左下のアイコンを消す方法

設定アプリの【一般】→【Spotlight検索】を開きます。


【Siriの検索候補】をオフにしましょう。


つぎに通知センターを開きます。画面上の時計のあたりをタップし、指を離さず下にスライドしましょう。


「通知はありません」や通知が表示されたときは、画面を右にスライドしてウィジェット画面に切り替えます。


日付が表示されているのがウィジェット(今日)画面です。このウィジェット画面の一番下にある【編集】をタップ。

【Siriの検索候補(App)】の左側にある【-】ボタンをタップし、【削除】をタップしましょう。


最後に画面右上の【完了】をタップすれば、設定完了です。


これでロック画面の左下、アプリ切り替え画面の下にアイコンは表示されなくなります。