若い頃はちょっと真面目そう? ジャック・スパロウ
 - Peter Wallis / Newspix / Getty Images

写真拡大

 ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ第5弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』から、若き日のジャック・スパロウが登場する海外版予告編が公開された。

 映像はアメリカの人気番組「エレンの部屋」でお披露目されたもので、番組のYouTubeチャンネルにも掲載。2月に公開されたスーパーボウル用の予告では、ほんの一瞬の登場だったジャックだが、今回は冒頭、いきなり若き日の姿を公開。力強い眼差しに引き込まれそうな端正なジャックが確認できる。

 そのジャックと、海賊の滅亡をもくろむ“海の死神サラザール”(ハビエル・バルデム)との過去の因縁が明かされる予告には、もちろん、少しだらしなくなった現在のジャックも登場。若手俳優のブレントン・スウェイツとカヤ・スコデラーリオ演じる男女とジャックのやりとりは、1作目のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)&エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)カップルとのトリオを見ているようで、シリーズファンにとっても期待が高まる映像に仕上がっている。

 さらに本作では、そのウィル役のオーランドが復帰。キャプテン・バルボッサ役のジェフリー・ラッシュといったおなじみのキャストも登場する。メガホンを取ったのは、海洋アドベンチャー『コン・ティキ』を手掛けたヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリの監督コンビ。日本公開は7月1日を予定している。(編集部・入倉功一)