ゆうばり映画祭に参加した斎藤工と村上淳

写真拡大

 斎藤工の長編初監督作品「blank13」のプレミア上映が3月3日、開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」にて行われ、斎藤と同作に出演している村上淳、主人公のモデルとなった放送作家のはしもとこうじらが舞台挨拶に登壇した。

 高橋一生、リリー・フランキー、松岡茉優ら豪華キャストが集い、金子ノブアキが音楽を担当。13年前に失踪し、余命3か月で再び家族の前に現れ、死んだ父親の葬儀の場で、参列者たちの口から家族の知らない父の姿が語られ、13年の空白が埋められていく。

 これまで、同映画祭にて自身が監督した短編作品が上映され、2年前には審査員も務めた斎藤は、初の長編を撮るにあたり「ゆうばりを目指す」と公言した上で、村上やリリーにオファーを出したという。この日は壇上に現れると「ただいま!」とニッコリ。ちなみにこの日は、朝の6時から本作のために並んでいたファンもいたとのことで、上映の数時間前の段階で長蛇の列ができていた。斎藤は「極寒の中を並んでいただいて……。体調を崩されないか心配していました」と熱い応援に感激しつつ、気遣いを見せていた。

 斎藤はすっかり映画祭の常連ということで、楽しみ方も慣れたもの。昨日は「気が付いたら一般の家庭でカレーをごちそうになってました(笑)」と明かし、会場は驚きに包まれていた。ゆうばり初参戦の村上はまず学生ボランティアスタッフに向けて「ありがとう! 今後の日本映画界を支えるのは君たちです」と力強く語りかけた。

 「村淳世代」を自認する斎藤は、憧れの村上から受けた影響の大きさを吐露。初めて顔を合わせた場で「映画を撮らないのか?」と質問した斎藤に「中途半端な俳優が撮る映画は中途半端になるから」と答えたそうで、斎藤にとっては「ものすごい戒めになった」とのこと。

 そんな村上は、劇中では歌あり、笑いありの自由奔放な魅力を発揮! 葬儀の弔問客のひとりを演じたが、斎藤は「淳さんに渡した台本には1行もセリフもなかったんです」と村上の出演シーンは全て村上に丸投げしていたと明かした

 この日は、観客からの質問にも答えたが、斎藤との生のやり取りに緊張する観客に対し、優しく「手を上げてくれただけで嬉しいです。ハグしたいです」と語るなど、相変わらずのセクシーオーラ全開で、女性ファンのハートをわしづかみに。そんな斎藤について村上は「(普段も現場でも)両方、男前で悔しい(笑)」と語り、最近、バラエティ番組などで見せるコミカルな姿についても「見ました!悔しい!」と対抗意識を燃やしていた。