若草自動車販売からアイチ自動車に移籍し、キーマンとなる菊間武二郎を演じる大泉洋/(C)TBS

写真拡大

3月26日(日)夜9時よりTBS系で放送されるスペシャルドラマ「LEADERS(リーダーズ)II」に、大泉洋の出演が決定。大泉演じる菊間武二郎(きくまたけじろう)は、「若草自動車」販売部門の社員で、ドラマ後半でのアイチ自動車にとってのキーマンとなる重要な役柄だ。

【写真を見る】佐藤浩市をはじめ内野聖陽、東出昌大、郷ひろみら豪華俳優陣の出演が決定/(C)TBS

自分たちの技術力で国産自動車の生産を目指す「アイチ自動車」に対し、アメリカから技術を買って自動車を生産する若草自動車。太平洋戦争をきっかけに、考え方が異なる複数の会社がそれぞれの販売部門を一つに統合し、自動車配給会社として国の管理下に置かれることとなる。

同じ会社となったことで、「アイチ自動車販売」の山崎亘(内野聖陽)を通じて、愛知佐一郎(佐藤浩市)とも知り合うことになる菊間。そして菊間は、佐一郎の人柄と熱い志に影響を受け、アイチ自動車サイドに移籍する。

菊間と山崎はアイチ自動車の販売の両輪となって販売数を上げていったが、戦後のインフレが、アイチ自動車に移籍した菊間たち元若草の面々と、山崎らとの亀裂を深めることになっていく。

また、3月20日(月)夜7時から「LEADERS(リーダーズ)ディレクターズカット(仮)」を、4時間の大型番組として放送することも決定した。

【大泉洋のコメント】

今回、私が演じた菊間という人物は、時にはアイチ自動車を窮地に追い込む役でもありますが、仕事に対する情熱は愛知社長、山崎さんにも負けないものを持っています。当時の国産自動車の販売に懸けた情熱を感じ取りながら、また、当時の人々のたゆまぬ努力に敬意を持って演じさせていただきました。

監督の福澤(克雄)さんとは久しぶりにご一緒させていただき、スタッフの変わらぬ士気の高さと現場の緊張感に私自身も良い緊張感で仕事をさせていただきました。本当に豪華なキャストの方たちとご一緒させていただけたのも役者として最高の財産となりました。

【あらすじ】

1934年(昭和9年)、10年前の関東大震災によって物資輸送網が断絶された苦い経験から、日本の自動車需要は急速に加熱していた。欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの本格参入によって日本の市場はまさに外国車販売の戦国時代へ突入していた。

愛知にあるGM車販売店「日の出モータース」の支配人・山崎亘(内野聖陽)はアメリカ流の販売方針を押し付けられることに抵抗し、事あるごとに改善を訴えてきた。だが、大阪に拠点を置く「日本ゼネラル モータース」は、一販売店の意見に耳を傾けることはなかった。

大阪からの帰りに山崎は、鈴鹿峠の山道で立ち往生しているシボレーを、背広のまま修理する男・愛知 佐一郎(佐藤浩市)に出会う。これがアイチ自動車売店第一号となり、佐一郎を支え続けることになる山崎亘と佐一郎の運命の出会いであった。