2日、順豊エクスプレス創業者が中国3位の富豪になり、テンセントの馬化騰氏を上回った。

写真拡大

2017年3月2日、参考消息網によると、順豊エクスプレス創業者が中国3位の富豪になり、テンセントの馬化騰氏を上回った。

英紙フィナンシャル・タイムズは順豊ホールディングスの上場について報じた。中国物流宅配最大手の順豊エクスプレスを展開する順豊ホールディングスは24日、深セン証券取引所に上場した。すでに上場していたレアアース関連企業「馬鞍山鼎泰稀土新材料」からのくら替えという形式での上場だが、株価は好調に推移し時価総額は2929億元(約4兆8600億円)に達している。

上場によって創業者の王衛(ワン・ウェイ)氏の資産は275億ドル(約3兆1400億円)に達した。大連万達集団を率いる王健林(ワン・ジエンリン)氏、アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏に次ぐ中国3位の富豪となった。中国最大のIT企業テンセントを率いる馬化騰(マー・ホアタン)氏を上回っている。(翻訳・編集/増田聡太郎)