写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友が、4月にスタートするテレビ朝日のドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』(毎週日曜24:40〜25:10)の主演を務めることが4日、明らかになった。コメディ作品ながら、あの"阿部定事件"のように、男性の下腹部を切断してしまうヒロインを演じる。

1936年に起こった阿部定事件とは、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断したもので、後に数々の小説や映画の題材に。一方、秋元康氏企画・原作の今作は、渡辺ふんする主人公・桐山さおりが、「純愛を貫き通すため」「理想の男性に裏切られた復讐のため」「愛の方向性がズレたため」に、出会ったサイテー男たちを成敗していくという"純愛ラブコメディー"だ。

渡辺は、AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月〜9月)の主演女優バトルで1位に輝き、今回の連ドラ主演権を獲得。「私が平成の阿部定!? 今まで演じた事のない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」と気を引き締めながら、「純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆さまに刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語る。

テレビ朝日の杉山登プロデューサーは「理想の純愛を求める彼女と、下心を隠した男たちとの恋の駆け引きは、可笑しくて、可愛くて、そしてすごく…コワいです」とコメント。映画『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が脚本を手がけており、「刺激的なセリフを渡辺麻友がどう演じるのか、スタッフみんなが今からドキドキしています」と興奮を語っている。