代表初先発で2ゴールを挙げた長谷川唯【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 アイスランド アルガルベ杯グループステージ第2戦】

 ポルトガルで開催中のアルガルベカップのグループステージ第2戦が現地時間3日に行われ、日本はアイスランドと対戦した。

 2日前にスペインとの初戦を1-2で落としていた日本は、スタメンを7人入れ替えて重要な第2戦に臨む。GKの山下、DFの中村、MFの宇津木、千葉、長谷川、川村、そしてFWの横山が今大会初先発となった。

 序盤は日本が流れを掴む。11分、縦パスをゴール正面で受けた長谷川が反転して右足一閃。高い弾道のミドルシュートは前目にポジションをとっていた相手GKの頭を越えてゴールネットに吸い込まれた。

 さらに15分、宇津木のシュートをGKが弾いたところに横山が反応して右から中へ折り返すと、長谷川が詰めて追加点。なでしこジャパン初先発の20歳が2ゴールの活躍で起用に応えた。

 しかし、後半になるとアイスランドに主導権を奪われてしまう。そのうえ相手のタックルを受けて右足を痛めた北川がプレー続行不可能となり、56分に高木との交代を余儀なくされる。すでに有吉と菅澤が練習中に負傷し、けが人が続出しているチームにさらなる災難が降りかかった。

 高倉監督は籾木や岩渕、中島といった攻撃的な交代カードを切って3点目を奪いにいく。だがシュートまで持ち込むシーンは少なく、最終順位に影響する得失点差を広げることはできなかった。

 それでもアイスランドを2-0で下した日本は、高倉監督体制になって初勝利を挙げた。初戦でノルウェーと引き分けていたアイスランドは1勝1分、日本は1勝1敗となった。3日後のグループステージ最終戦でそれぞれスペイン、ノルウェーと対戦する。その結果しだいで順位決定戦のランクと対戦相手が決まることになるため、優勝のためには勝利が求められる。

【得点者】
11分 1-0 長谷川唯(日本)
15分 2-0 長谷川唯(日本)

text by 編集部