歌手のブルーノ・マーズは、毎回独特なファッションでステージに上がりファンを楽しませてきた。そんなブルーノのファッションセンスは彼の父親が原点であったことを明かした。

曲によってファッションスタイルを変幻自在に変えていくブルーノ。あるときは真っピンクのスーツ、あるときは年代を感じさせるようなシャツやジャケットなどのスタイルで登場する。着る服によって曲のイメージも左右されるため、毎回テーマを持って様々なファッションスタイルを披露することを心がけているそうだ。

ブルーノは金融・経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナル」で、「僕のスタイルは全部父親譲りなんだ。僕のお父さんはいつもキャデラック(アメリカの高級車ブランド)で学校の送り迎えをしてくれて、ラインストーンがぎらついた派手なジャケット着ていたり、個性的な髪型をしていたり、とにかく派手な格好をしていたよ。そのとき、僕のお父さんは普通の父親とは違うんだって気づいたんだ。今では僕がキャデラックに乗って、あの時のお父さんと同じような格好をしている。僕はそんな自分のファッションスタイルが大好きなんだ!」と話している。

先日公開した「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」のミュージックビデオでも、ブルーノは父親譲りの独特なファッションを存分に披露。今後も彼の音楽とファッションスタイルに目が離せない。

MTVビデオ・ミュージック・アワードに出席したブルーノ・マーズ (c)Imagecollect.