最優秀脚本賞を受賞した新海誠監督

写真拡大

 第40回日本アカデミー賞の授賞式が3月3日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、アニメーション映画「君の名は。」の新海誠監督が最優秀脚本賞を受賞した。アニメ映画が同部門最優秀に輝くのは、史上初の快挙。ブロンズを手にした新海監督は、「最もいただけると思っていなかった賞でした」と驚きの表情を浮かべた。

 公開150日間で累計観客動員1851万人、興行収入240億円を突破し、社会現象とも言える大ヒットを記録している今作。今回の日本アカデミー賞では4部門の優秀賞と話題賞を受賞し、アニメ作品として初めて監督賞&脚本賞に名を連ねた。

 最優秀賞は本部門、音楽賞の2冠。音楽を手掛けた「RADWIMPS」の野田洋次郎は、「新海監督という、すごそうに見えなくて本当にすごい監督が、どこまでも情熱をほとばしらせ、誰よりも諦めず、この世にないものをつくると動き出した映画でした」と振り返り、「1年半の間、ともに歩ませてもらっていろんことがありましたが、監督はとにかく信頼してくれた。今まで映画の世界では行われなかったことを、監督が『こっちのほうが観客に伝わるから』と平気で行った成果だと思います。新海監督と仕事ができて、本当に幸せに思います」と最敬礼だ。

 これを受け、新海監督は野田に対し「先ほど、洋次郎さんからすごく見えないと言っていただき、あれだけの言い合いをして、まだそんな風に親しみを込めてもらえてすごく嬉しかった」としみじみと笑う。そして客席に向き直ると、「この作品は、お客さんに発見していただいた映画だと思っています」と感謝し、「言われることで一番多かったのは、『映像が美しい』『音楽が良い』。脚本についての言及は、比較的少なかったです(笑)。しかし映画の根本は脚本にあると信じています。これからも、たくさんの方に届く映画を作っていきたいです」と表情を引き締めていた。