ひなまつりの伝統菓子。愛らしい招き猫親子の金花糖【甲斐みのりの「おやつの時間」】

写真拡大 (全2枚)

春一番が吹き、もう春だ、やっと春だと思う頃、やってくる桃の節句。節句というのは季節の節目のこと。3月3日は上巳の節句と呼ばれ、中国では川で身を清めて不浄を祓い、その後に宴を催したそうです。旧暦の3月3日は現在の4月の上旬にあたります。日本では平安時代から、上巳の節句と宮中の人形遊び・ひな遊びが結びついてひなまつりが始まり、江戸時代に庶民にも根付いたと言われています。
ひなまつりは女の子の成長を願ったり祝う日とされていますが、大人になっても飾りを見ると気持ちが浮き立つもの。お菓子屋さんで菱餅やひなあられに出合えば、手にしてしまいます。
昨年も桃の節句前に、江戸時代から金沢をはじめ全国各地に根付き、ひなまつりに家に飾る習慣がある砂糖菓子「金花糖」を求めましたが、今年も店を変えて同じものを。昨年の秋に招き猫おこしを買った、浅草「江戸駄菓子 まんねん堂」の親子の招き猫。古来から、桃の花は邪気を払うと伝わりますが、招き猫の金花糖にも、音色が邪気を払うとされる鈴が首に結ばれています。
鯛、エビ、タケノコなど、こちらも縁起物の金花糖
3月3日までは玄関に飾り、その後は砕いて煮物に入れたり、ジャムを作ったり。砂糖でできた人形は形を変えて、暖かな春の食卓に彩りをもたらします。
「おやつの時間」をもっと読みたい>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。