大の野球好き!ますだおかだ・岡田圭右がWBCで侍ジャパンの注目選手をアツく語る!/取材・文=大小田真

写真拡大

野球の世界一を決定する「World Baseball Classic」(WBC)の第4回大会が、いよいよ3月7日(火)に開幕。大のオリックス・バファローズファンとして知られ、球春到来を誰よりも喜んでいる岡田圭右(ますだおかだ)が、今大会の展望を語ってくれた。

【写真を見る】岡田は侍ジャパンの4番に北海道日本ハムファイターズ・中田翔選手を推す!「日本が優勝して、あのやんちゃな中田が男泣きする姿を見たい!」

まずは打撃陣から。注目の選手として挙げたのは北海道日本ハムファイターズの中田翔選手。「四番はやっぱり中田かなぁと。筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)ももちろんいいですよ。安定感という点では筒香のほうが上かもしれませんけど、日本が優勝して、あのやんちゃな中田が男泣きする姿を見たい!」と自身の願望を込めながら解説。東京ヤクルトスワローズの山田哲人、中日ドラゴンズの平田良介らの名前も挙げるなど打撃陣については饒舌に語った。

一方、投手陣については「メジャーで活躍する日本人選手が出場しないのはやっぱりさみしいですね。大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)の離脱も残念!」とやや肩を落としつつも、「過去の侍ジャパンと比べて“変則ピッチャー”と言いますか、力で押すタイプよりも変化球で翻弄するタイプが多く選ばれている気がします」と特色を指摘。その上で「外国人打者はかなりてこずると思いますよ。牧田和久(埼玉西武ライオンズ)なんかは面白いでしょ。あのアンダースローがピンポイントで出てきたら、各国の選手が『ワオッ!』…いや『WAO!』ってなるはずです」と自身の持ちネタを交えて分析した。

今大会には出場しないが、過去のWBCで伝説的な名シーンを生み出したイチローとの親交についても告白。「ご存知の方もおられるとは思いますが、実はわたくし、ジュニアオールスターゲーム(現フレッシュオールスターゲーム)で活躍し、一軍で花開こうかという頃のイチロー選手に何度か取材しているんですよ。いや、あの頃が懐かしい」。

その伝手を使って、さぞかし有益な情報を握っているはずだと推測し「今大会についてイチロー選手と電話などで話した?」と質問を投げてみると、「連絡先を存じ上げません! 芸能界で一番早くイチロー選手にコンタクトしたタレントと言っても過言ではありませんが…今はまさに『閉店ガラガラ』状態です…」と自虐的に語った(笑)。

発売中の週刊ザテレビジョン10号では、岡田圭右がさらにWBCの魅力&解説をアツく語っている!

(プロフィール)おかだ・けいすけ='68年11月17日生まれ、大阪府出身。O型。お笑いコンビ・ますだおかだのツッコミ。「PON!」(日本テレビ系)で、水&木曜のMC担当。「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(TBS系)の火曜レギュラー。