やったねがんちゃん!

写真拡大

 映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した三代目 J Soul Brothers / EXILEのパフォーマー・岩田剛典が3日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式に出席。同作で共に映画初主演した高畑充希とのW受賞を喜んだ。

 「図書館戦争」シリーズなどで知られるベストセラー作家・有川浩の恋愛小説を基に、全てが思うようにならないOL・さやか(高畑)が家の前で倒れていた青年・樹(岩田)と出会い、成り行きで風変わりな同居生活を続けるうちに心を通わせていくさまを描いた同作。

 おととし『ホットロード』で同賞に輝いた三代目のボーカル・登坂広臣に続く受賞となった岩田は「心から幸せです。劇中の樹とさやかとダブルで賞を受賞させていただけたことをうれしく思っています」と真摯な面持ちで語ると、「この作品を通じて自分自身成長させていただけましたし、この作品に出会えたことを感謝しています。この賞に見合う表現者に成長していくべく頑張っていきます」と決意を新たに。

 映画では料理上手で植物オタクのミステリアスな“王子様”をさわやかに好演したが、「(自分と役の)ギャップを楽しんでやっていました」と照れくさそうに明かし、「(メンバーから)散々イジられ倒して、もうイジるところがないくらいイジられましたね。岩ちゃんが『植物図鑑』やるならオレは『筋肉図鑑』やるよとか」と苦笑いした。

 昨年はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを務めるなど大活躍だった相手役の高畑も「初めて主演させていただいた大切な映画で、こんな素敵な賞を(岩田と)並んで受賞できて、とても幸せに思います」と喜びのコメント。台本には「これ自分がやるんだ」と恥ずかしくなるようなセリフもあったというが、「恥ずかしがる暇もないくらい、スタッフさんが盛り上げてくださったので、そこに乗っかっちゃえみたいな感じで(乗り切った)」とはにかんだ。

 新人俳優賞はほかに『湯を沸かすほどの熱い愛』の杉咲花、『セーラー服と機関銃 -卒業-』の橋本環奈、『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』の坂口健太郎、『怒り』の佐久本宝、『殿、利息でござる!』の千葉雄大、『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』の真剣佑が受賞した。(編集部・中山雄一朗)