最優秀助演女優賞は杉咲花!

写真拡大

第40回日本アカデミー賞授賞式が、3月3日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。見事、最優秀助演女優賞に輝いたのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』の杉咲花だった。杉咲は緊張しながら「ええと」と言葉を詰まらせ「本当にありがとうございます」と涙を浮かべてスピーチをした。

【写真を見る】石原さとみや広瀬すず、宮沢りえらもドレスアップ!

杉咲は「今日が怖すぎて、2週間くらい前から寝れなくて。やっと寝れても悪夢とか見て、この日が近づいてくると肌がブツブツザラザラしてきて本当に怖くて。昨日おかあちゃんを演じられた宮沢りえさんに『どうしよう』とメールを送ったら『どんな結果であっても得たものは変わらないから』というメールをいただいて、本当にそうだなと。だから私が一番幸せなのは、この昨品に携われたことで。でも、やっぱりうれしいです。本当にありがとうございました」。

母親役の宮沢との交流関係はいまでも続いているという杉咲。「本当におかあちゃんでした。撮影が終わったいまでもずっとお世話になっていて、映画のように血のつながりを超えた関係が築けたような気がします」と言葉をかみしめた。杉咲花は今回新人俳優賞も共に受賞している。

『湯を沸かすほどの熱い愛』はがんで余命2か月を宣告された母親が、残された時間で家族を成長させようと奮闘し、より強い絆で結ばれていくさまを描く家族ドラマ。宮沢りえが家族を大きな愛で包み込む母親を、オダギリジョーがその夫を、杉咲花が娘を演じた。

優秀主演女優賞を受賞したのは、『シン・ゴジラ』の石原さとみ、『シン・ゴジラ』の市川実日子、『怒り』の広瀬すず、『バースデーカード』の宮崎あおいの4名でそれぞれに喜びを語った。【取材・文/山崎伸子】