武田修宏氏 プロ昇格で月給が10倍になったと明かす「50万円が500万円」

写真拡大

3日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、元サッカー日本代表選手の武田修宏氏が、かつての自身の月収について語った。

番組では「働かない50歳の兄と縁を切りたい」と題し、夕刊フジの読者投稿を紹介した。47歳の会社員・男性からの悩みで、先日父親が亡くなった際に、50歳の兄が父親から毎月30万円の仕送りをしてもらっていたことを知ったそう。5年前に仕事を辞めてから一切働いていないというこの兄に対して、妹は縁を切りたいとまで言い出しているのだという。

この記事について、司会のふかわりょうが、武田氏に家族関係について質問した。武田氏には兄がおり、ふたり兄弟であることを説明したうえで「お兄さんは会社員なんで」「必ずお兄ちゃんを立ててます」「僕が出すぎないように、その辺はしっかりとした関係」と語った。

兄弟の間では問題がなさそうだが、ふかわは「Jリーガーになるとだいぶ(周りからの)見方も変わりますよね」と指摘する。

すると武田氏は「周り(の見方)が全然違っちゃいますけど、騙されたりしましたし」と告白。さらに「プロになって月給50万円が500万円になれば、いろんな人たちが寄ってきて、いろんな経験しました」と力説すると、ふかわが「500万?」と確認した。武田氏はプロになった際に、月給が500万円に跳ね上がったことを再度説明し「そういう時代もありました」と笑顔で語った。

ふかわが、その収入の使いみちを尋ねると、武田氏は「好きなものを買っていた」「洋服とか値段見ないですから、買いたいものを買った」と、当時を振り返っていた。

【関連記事】
あばれる君が最新の月収額を即答 「180万です!」
玉袋筋太郎 たけし軍団加入時の給料「4万円で厳しい出家生活」
気象予報士・蓬莱大介氏が前職を告白 転職で年収は500倍以上に