『その男、凶暴につき』 ©1989 松竹株式会社

写真拡大

特集上映『はじめての映画たち〜映画作家の初期作品集〜』が、3月4日から東京・高田馬場の早稲田松竹で開催される。

【もっと画像を見る(9枚)】

日本の映画作家の初期作品を上映する同イベント。上映作品は、河瀬直美監督が『カンヌ国際映画祭』新人監督賞にあたるカメラドールを史上最年少となる27歳で受賞した『萌の朱雀』をはじめ、是枝裕和監督の『幻の光』、北野武監督の『その男、凶暴につき』、塚本晋也監督の『鉄男』の4作となる。

なお同イベントの特別編として、是枝が早稲田大学で担当している授業「映像制作実習」で制作された作品を上映する企画が3月4日から早稲田松竹で開催。上映スケジュールや料金などの詳細は早稲田松竹のオフィシャルサイトで確認しよう。