写真提供:マイナビニュース

写真拡大

WhatzMoneyは3月2日、「3月実行分のローン金利状況」を発表した。

3月の10年固定金利型住宅ローンの金利は、主要73行中9行が金利を引き上げ、平均金利は1.027%(前月比+0.006%)。基準となる10年国債金利が、1月下旬から2月第4週にかけて上昇傾向だった結果、基準金利を毎月見直す傾向がある大手銀行やネット銀行を中心に上昇した。

一方、変動金利は日銀のマイナス金利政策が継続している中で、前月から横ばいで推移。変動金利型の平均金利は0.957%(前月同水準)となった。

同社は3月の動向について「2月28日に日銀が公表した国債購入方針において、10年国債の金利を低くしようとする姿勢がみられた。そのため、10年国債金利は2月ほど上昇することはない」と予想。また、「年度明け4月の住宅ローン金利は3月よりも引き下がる可能性が高い。借り入れ時期が4月でも良いという人は、金利動向の確認後に借入日の検討を薦める」とコメントしている。

「フラット35の最低金利」については、借入期間20年以下のプランで1.010%(前月比+0.020%)、借入期間21年以上35年以下のプランで1.120%(前月比+0.020%)となり、いずれも前月に比べ金利は微増となった。

また、主要銀行全プランの最低金利は0.350%と、前月と同水準となった。

(CHIGAKO)