あなたの好みはどっち?高学歴男子の「出身高校別」恋愛攻略法とは?

写真拡大

はじめまして。
この度、恋愛jpにてコラムを書かせていただくことになりました、みずゆきりんです。

早速ですが、みなさん、「高学歴男子」はお好きですか?

最近は、東大生や京大生を取り扱うバラエティー番組なども多く、目にする機会も多い「高学歴男子」。
「賢くて頼りになりそう」「将来有望」「おぼっちゃん」「オタクっぽい」「変わってる人が多そう」「マザコン」。
高学歴男子には、良いイメージも悪いイメージも、色々あると思います。

ここではそんな「高学歴男子」を徹底解剖!
「高学歴男子」の良いところも悪いところも、ぜーんぶひっくるめて紹介していきたいと思います!

※ここでの「高学歴男子」は、主に東大京大卒の男性と定義しています。

●出身高校によって、こんなにも違う「高学歴男子」

同じ東大、京大出身の男性でも、出身高校によって大きくタイプが変わってくる ことをご存知ですか?
日本全国、色々な高校があります。

・公立の共学校
・私立の男子校(進学校)

ここでは大きく2つに分けて、紹介していきたいと思います。

●公立共学校出身の高学歴男子

・良くも悪くも普通の男の子
・秀才型(コツコツ努力が出来るタイプ)
・大学入学時は、自分のことを「賢い」と思っている 率が高め

●私立男子校(進学校)出身の高学歴男子

・ちょっと変わった人が多い
・天才型(効率が良いタイプ)
・学力においての自己評価はあまり高くない

もちろんそれぞれに当てはまらないタイプの人もいるとは思いますが、大きく分けるとこんな感じでしょうか。

●あなたの好みのタイプはどっち?

「学歴」というと、つい、最終学歴で判断してしまいがちですが、高学歴男子に関しては、注目するべきポイントは、実は「高校」 にあります。
いざ付き合ってみてから「あれ?なんか想像していた高学歴男子とは違う……」ということにならないよう、事前にそれぞれのタイプを理解しておきましょう。

●公立共学校出身の高学歴男子

公立共学校出身の男子は、いわゆる私立男子校出身者特有の「女慣れしていない男子」があまりいないため、良くも悪くも普通。
本人に恋愛経験がなかったとしても、周りで見聞きする情報は多いので、恋愛に関しての常識度が男子校男子に比べて、相当高い傾向にあります。

「普通の恋愛がしたい!」「女心をわかって欲しい!」という願望のある人には、公立共学校出身の高学歴男子がおすすめ!
初めてのデートから楽しく過ごせる確率は、私立男子校出身者よりも、グンとアップします。

ただ、公立共学校出身の男子は、いわゆる「学年一位」など、学校の中で飛び抜けて勉強が出来る優等生タイプだった人が多いので、真面目で、プライドはちょっと高め。

大学入学時に「上には上がいるんだ……」と気付いたり、就職時に「世の中、学歴だけではない……」と気付き、何らかの挫折を経て大人しくなるタイプもいます。
ですが、卒業後、特に苦労もなく有名企業に就職し、ずっとエリート意識を持ち続ける人も一定数います。

なので、色々な知識を披露されても「すごーい!」と明るく返せる人でないと、ちょっとお付き合いは大変かもしれません。

●私立男子校(進学校)出身の高学歴男子

対して、私立男子校出身の高学歴男子はと言いますと、とにかく「拗らせている人」 が多い。
中学高校の六年間を、母親以外の女性と会話をしないまま過ごしている人が大半です(進学校の男子校には女の先生が殆どいない)。

いざ大学に入って、クラスに女子がいたとしても、何を話したらいいのかがわからず、女の子と日常会話をすることさえままなりません。
勇気を振り絞って女の子と喋ってみても、空回りしたり、空気の読めない発言をして引かれたり、とにかく女慣れしていない人が多い。