「ええじゃないか とよはし映画祭」に参加した園子温監督と松井玲奈

写真拡大

 園子温監督がメガホンをとり、綾野剛が主演を務めた映画「新宿スワンII」が3月3日、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLATで開幕した「ええじゃないか とよはし映画祭」のオープニング作品として上映された。園監督は、出演の深水元基、広瀬アリス、本映画祭アンバサダーの松井玲奈とともに舞台挨拶。トーク中には、園監督の爆弾発言が飛び出した。

 「新宿スワンII」の話題で盛り上がるなか、園監督は突然「あ、そういえば。ちょっと『スワン』から話がそれちゃうんだけど、松井さん、僕の次の新作に出ているんですよ」と告白。ステージ上は「言っていんですか!?」とどよめいていたが、「いいですよ」とあっけらかんとした表情。松井は、この話題に触れてよいのか分からず戸惑っていたが、「お仕事させていただきました……」と小さく頷く。「まあ、こぼれ話です」と園監督がおどけると、松井は「皆さん、これはツイートとかしちゃだめです」と必死にフォローしていた。

 また、映画祭初参加の広瀬は「初めてなのでドキドキしておりますが、しっかり楽しんでいきたいと思います」とニッコリ。同市を訪れるのは「実は3回目くらいなんです」と明かし、「『ルーズヴェルト・ゲーム』というドラマで。あとはCMでも。来たことがある場所だったので、今日は懐かしいなって思いながら来ました」と語った。園監督は「最初の映画祭が『とよはし』なんて嬉しいなあ」と喜んでいた。

 一方、園作品の常連である深水は、本作のみならず映画&ドラマ「みんな!エスパーだよ!」でも同市を訪れたため「帰ってこれて本当に嬉しいです!」と喜びを述べ、「ドラマ1クール分ずっと帰らずにこっちにいたので、長かったですよ。2カ月以上。映画版も1カ月くらいはいた」と振り返った。さらに同作の撮影期間中は「共演者と飲みに行っていた」と告白すると、園監督も「もう、僕より詳しいんじゃない?(笑)。(主演の)染谷も詳しかった。愛知大学の辺りまで飲みに行ってた」と懐かしそうに語った。

 「新宿スワンII」は、和久井健氏の人気コミックを映画化した「新宿スワン」の続編。原作でも人気の高い「横浜編」を映像化した今作は、エース格へと成長した主人公・白鳥龍彦(綾野)が横浜ウィザード社長・滝正樹に挑むさまを描いた。「ええじゃないか とよはし映画祭」は、3月5日まで穂の国とよはし芸術劇場PLATをメイン会場に行われる。