2日、英BBC(中国語電子版)によると、英ロンドンの不動産コンサルタント会社ナイト・フランクは1日発表した報告書で、世界の億万長者は今度10年で約43%増加し、27万5740人に達すると発表した。

写真拡大

2017年3月2日、英BBC(中国語電子版)によると、英ロンドンの不動産コンサルタント会社ナイト・フランクは1日発表した報告書で、世界の億万長者は今度10年で約43%増加し、27万5740人に達すると発表した。参考消息網が伝えた。

資産3000万ドル(約34億3560万円)以上の億万長者は現在、世界に19万3490人。世界的な政治、経済の動きにかかわらず、ここ1年で前年に比べて3.4%(6340人)増加した。今後10年にアジアの億万長者は急増し、増加率は世界平均を大きく上回る91%に達するとみられる。

また、米国は10年後も億万長者の数で世界一の座を守るとみられるが、アジア地域が激しく追い上げ、その差は縮まる見通しだ。米国の億万長者は現在6万8990人。10年後には8万9687人になるとみられる。中国は現在1万4310人で、増加率は前年比140%。10年後には3万4344人に急増する。

アジアではベトナムの伸びが最も大きく、増加率は170%。10年後には540人になるとみられる。次いで中国、インドも150%の高い伸び率で1万110人になる見通しだ。一方、欧州の今後10年の伸びは12%にとどまる。英国は30%の見通しだ。(翻訳・編集/大宮)