写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の阿部サダヲと女優の深田恭子が夫婦役を演じているTBS系ドラマ『下剋上受験』(毎週金曜22:00〜)の第8話が、きょう3日に放送される。

同ドラマは、中卒の父と偏差値41の娘が、受験塾にも行かず二人三脚で最難関中学を目指した実話をもとに、小5の夏から中学受験に挑むまでの1年半にわたる家族の奮闘を描いた物語。500日で娘の偏差値を30上げた熱すぎる父・桜井信一を阿部、信一の妻・香夏子を深田、娘・佳織を山田美紅羽が演じている。

第8話では、信一の倒れた原因が胃潰瘍とわかり、運び込まれた病院にそのまま入院することに。そんな中、佳織が受けた模試の結果が出て、偏差値が勉強開始時よりも下がってしまう。絶望的な結果に、信一は自分の身体などそっちのけで病室でも勉強を始め、佳織の模試の回答からあることに気づく。

数日後、退院した信一は香夏子たちと帰宅するが、なんと家賃滞納で鍵を変えられてしまいアパートに入れない。大家の田畑さん(村松利史)に事情を話すが取り合ってもらえず、信一は仕方なく徳川直康(要潤)に相談する。一方、信一たちを援助するために自宅を売ろうと考えていた一夫(小林薫)にも悪い報せが。家族に相次ぐ災いが全て自分の中学受験のせいだと考えた佳織は…。

(C)TBS