既婚女性が語る! 結婚前に確認しておくべきだった6つのコト

写真拡大

結婚して、純粋に「幸せ」を実感できる人もいれば、残念ながら、「こんなはずじゃなかった……」なんて思う方もいます。後者の失敗を防ぐためには、結婚前の事前確認が必要不可欠だと言えるでしょう。既婚女性のみんなには、「結婚前にパートナーやその家族と、もっと話し合い、確認しておけばよかった!」と思うことはある? 普段は聞けない本音をこっそり暴露していただきました。

■お金について

・「相手の貯金金額や月給は詳しく把握しておいた方がいい」(31歳/その他/その他

・「貯金など。聞いても変わりはないのですが」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

結婚する前に確認することが難しいのもわかりますが、安定した生活を成り立たせるために、とても重要なポイントです。どのように家計をやりくりするのかは別の話として、まず、お互いの状況を開示できるといいですね。

■出産・育児プラン

・「子どもは何人ほしいか最初に決めておけばよかった」(34歳/その他/その他)

・「子どもの人数。3人はほしいのに、一人で十分だと言われて、話が違う! となった」(32歳/その他/その他)

結婚のあと、子どもをどうするのかについては、それぞれで考え方が異なるところです。子どもを持つこと、持たないこと。それぞれにメリット・デメリットがあるからこそ、結婚前に確認しておけると安心できます。

■将来の住居

・「住居をどうするのか話し合っておけばよかった」(29歳/その他/その他)

・「夫が長男なので実家を譲り受けることになるのだが、私は必要でなくなったら、手放すつもりでいたし、古い家なので負の遺産になるのは分かっているのに家を守ってほしいと言われたこと。初めから知っておけば、家も建てなかったし、遺産は全部もらっていた」(28歳/食品・飲料/その他)

まだ先のことだから……なんて考えがちですが、意外と「将来」はすぐにやってきてしまうもの!? 将来の住居をどうしたいと思っているのか。漠然とでもお互いの率直な意見を知っていれば、「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防げるのではないでしょうか。

■親の老後について

・「双方の親の介護の問題や会社の福利厚生について聞いておけばよかった」(34歳/その他/その他)

・「お互いの両親の老後のこと。どちらが面倒を見るのか話しておけばよかった」(31歳/その他/その他)

住居問題と関連して確認しておきたいのが、親の介護についてです。相手の両親はもちろん、自分の両親についての意見もぜひ伝えておいてください。子どものことや住居のこと……。様々な点とリンクする重要ポイントです。

■それぞれの価値観

・「こういうときは、こう感じるとか、こうしてほしいとかいう自分の気持ちを伝えておけばよかった」(28歳/その他/その他)

・「もっとじっくり付き合って、性格や価値観の不一致を見抜ければよかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

大好きな交際相手のこと、きちんと知っているつもりだけど……実は「本質」は見えていないのかも!? 結婚を考え始めたら、お互いに「ありのままの姿」を見せていくことで、結婚後のギャップも小さくできそうですね。

■家族について

・「夫の親をもっとどんな人か知ってから結婚すればよかった」(23歳/その他/その他)

・「夫は再婚なので、前の結婚相手が引き取っている子どものことなど」(32歳/運輸・倉庫/その他)

結婚後、喧嘩の原因になりやすいのが、お互いの「家族」です。事前に情報交換をしておくことで、余計なトラブルも避けられるのかも……? 家族の形態は、実に様々。腹を割って打ち明け、そして広い心で受け止められると理想的です。

■まとめ

幸せな結婚生活を送るためには、結婚前の確認が大切! とはいえ結婚前に、結婚後をリアルに想定して全てを確認するのは、難しいこともあるでしょう。こんなときには、ぜひ既婚女性たちのエピソードを参考にしてみて。女性として絶対に確認しておきたいことを、もれなく押さえておけそうですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数228件(22歳〜34歳の働く女性)