写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは3月3日、ゲーミングPC「GALLERIA」より、「信長の野望 Online」推奨ゲーミングPCを発表した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売開始し、直販価格は税別価格116,980円より。

「信長の野望 Online」が快適に遊べる推奨ゲーミングPCとして、ミドルタワー型3モデル / ミニタワー型1モデル / スリムタワー型2モデルの合計6モデルをそろえる。いずれもCPUは"Skylake"こと第6世代Intel Coreプロセッサ、グラフィックスは"Pascal"世代のNVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載する。

○ミドルタワー型モデル

ミドルタワーケースモデルは、「XT」「XF」「XG」の3モデルを用意。価格は「XT」が146,980円、「XF」が166,980円、「XG」が204,980円(いずれも税別)。

スタンダードモデル「XT」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700(3.40GHz)、チップセットがIntel H170、メモリがPC4-17000 DDR4 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB + 2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSはWindows 10 Home 64bit。

「XF」は、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 1070 8GBに、「XG」では、CPUをIntel Core i7-6700K(4.00GHz)、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 1080 8GBに強化した。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN、USB 3.0×8、HDMI×1、DVI×1、DisplayPort×3、SDメモリーカードリーダーなど。本体サイズはW207×D520.7×H450.2mm、重量は約13.9kg。

○ミニタワー型モデル & スリム型モデル

ミニタワー型モデルは「DT」1モデル、スリム型モデルは「ST」「SG」2モデルを用意。価格(税別)は「DT」が116,980円、「ST」が138,980円、「ST」が199,980円。

ミニタワー型モデル「DT」の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-6500(3.20GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-17000 DDR4 8GB(4GB×2)、ストレージが250GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSはWindows 10 Home 64bit。

スリム型モデル「ST」主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700(3.40GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-17000 DDR4 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SSD+2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSはWindows 10 Home 64bit。

上位モデル「SG」は、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 1080 8GBに強化する。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN、USB 3.0×4、USB 2.0×4、HDMI×1、DVI×1、DisplayPort×3、SDメモリーカードリーダーなど。

(リアクション)