C大阪の茂庭照幸、J1通算300試合出場なるか/J1第2節、達成可能な記録

写真拡大

 3月4日から5日にかけて各地で行われる明治安田生命J1リーグ第2節を前に、Jリーグ公式HPが、今節での達成が期待される個人記録およびチーム記録を紹介した。

 個人記録では、セレッソ大阪のDF茂庭照幸がJ1通算300試合出場達成に王手をかけている。2月25日に行われた第1節のジュビロ磐田戦ではベンチスタートで、出場機会を得ることはできなかった。浦和レッズとのアウェーゲームで記録達成となるだろうか。

 また、J1通算100試合出場には3選手が王手をかけている。今季から北海道コンサドーレ札幌でプレーするFW金園英学と川崎フロンターレのMF谷口彰悟、横浜F・マリノスのDF金井貢史が今節でピッチに立った場合、100試合出場達成となる。

 チーム記録では、アルビレックス新潟がJ1通算150勝にあと1勝と迫っている。同クラブは今節、敵地でヴィッセル神戸と対戦。今季初白星を挙げ、節目の勝利を記録したいところだ。

 Jリーグ公式HPが紹介した、J1第2節を前に達成間近の記録は以下のとおり。

▼個人記録

茂庭照幸(セレッソ大阪)通算300試合まであと1試合
金園英学(北海道コンサドーレ札幌)通算100試合まであと1試合
谷口彰悟(川崎フロンターレ)通算100試合まであと1試合
金井貢史(横浜F・マリノス)通算100試合まであと1試合
横谷繁(大宮アルディージャ)通算50試合まであと1試合
大屋翼(大宮アルディージャ)通算50試合まであと1試合

石川直宏(FC東京)通算50得点まであと1得点
石原直樹(仙台)通算50得点まであと2得点
大前元紀(大宮)通算50得点まであと2得点

▼チーム記録
アルビレックス新潟…通算150勝まであと1勝

清水エスパルス…通算1150得点まであと1得点