資産価値63億ドル(7206億円)でも一文の値打ちもない人間はいて、いくらお金をはたいても中身は買えない、というのがしみじみわかる動画。

Uberのトラヴィス・カラニックCEOに罵倒されたUberドライバーが、車載カメラで撮った一部始終をBloombergを通して公開し、CEOは自社サイトで平謝り、辞めろ辞めろの大合唱が起こっています。

#DeleteUberキャンペーン、誇大広告罰金22億円、Googleの自動運転技術盗用の提訴、セクハラ告発記事のショックからやっとヨロっと立ち上がったところに、このビデオ。もはやUberにとってはパーフェクト・ストーム、天中殺としか言いようがありません。

以下が問題の動画です。


ヒートアップするのは5:30から


ご覧のようにUber高級配車サービス「Uber Black」運転手のFawzi Kamelさんは、両手に花のカラニックCEOを車で送っている最中でした。女性2人が降りるのを待ってKamelさんは、「なぜ運賃をどんどん値下げするんですか。お陰でうちは破産状態です」と日頃の不満をぶちまけます。UberXやUber Poolといった廉価サービスが続々登場し、高級配車に先行投資した自分はどうなるんだ、と。するとカラニックCEOは…

CEO: いやいやいや、それは誤解だよ。最初はわれわれもハイエンド狙いだったんだ。別にローエンド(廉価市場)にしたくてしたわけじゃない。そうしないと倒産するから、しかたなくローエンドにしたのだ。

運転手: はあ? じゃあLyftはどうなるんですか? あっちはアッサリやってるじゃないですか。

CEO: アッサリやってるように見えるのは、俺様が競争で勝ってしまったからさ。でも、ああしなかったら、こっちが負けていた。それは断言できる。


Kamelさんも負けていません。自分は9万7000ドル(約1100万円)の赤字で”破産”になった、それもこれもUberの事業戦略のせいだ、と詰め寄ります。

「何を大げさな…」と思うかもしれませんが、UberにはKamelさんのようなドライバーが大勢います。企業の評価額は上がりに上がって600億ドル(7兆円弱)ですが、ドライバー40万人の賃金は下がりに下がって今や時給10ドル(約1,150円)。もはやカリフォルニア州の最低賃金の時給11ドル50セント(約1,200円)をも割り込むレベルなのです。1月下旬にも家を追い出されて車で寝泊まりするしかないUberドライバーの実態がBloombergで記事になったばかりでした。

ただまあ…

運転手: Uber Blackも値下がりしたCEO: ブルシッ○(嘘つけこの野郎)

…このやりとりからもわかるように、CEO的には「Uber Blackは値下がりしていないぞ」という頭しかなかったから、言いがかりのように聞こえたんでしょうね。「あんたのせいで破産した」となおも食い下がるKamelさんについカッとなり、車を降りながら言ってはならないことを言ってしまったのです。


7000億円の男Uber CEO、ドライバーを罵倒。動画公開され「魂を入れ替える」と謝罪2



てめえのケツぐらいてめえで拭け。なんでもかんでも人のせいにしやがって。せいぜいがんばれや!

ああUber。

・Uberの自動運転車が信号無視。「自動運転だけど自動運転じゃなかったし!」とめちゃくちゃな言い訳

image: YouTube
source: YouTube, Bloomberg 1, 2, Uber

Libby Watson - Gizmodo US[原文]
(satomi)