3月25日(土)、26日(日)放送の「そして誰もいなくなった」で主演の仲間由紀恵ら豪華キャストが、制作発表記者会見に登場

写真拡大

3月25日(土)、26日(日)夜9時から二夜連続で放送される「二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」(テレビ朝日系)の制作発表記者会見が行われ、主演の仲間由紀恵の他、向井理、柳葉敏郎、大地真央、余貴美子、國村隼、藤真利子、橋爪功、津川雅彦、荒川良々、沢村一樹、和泉聖治監督が登壇した。

【写真を見る】テレビで初の殺され役に仲間由紀恵は「私の殺され方が一番嫌だなと(笑)」

劇中で使用された暖炉などの調度品が並べられたセットで、作品の世界観を現すように神妙な面持ちで着席するキャスト陣。あいさつをする中で、柳葉は「そろそろ顔を崩してもいいですか?」と提案し、キャスト陣の表情が笑顔に。

本作は、“ミステリーの女王”アガサ・クリスティの名作「そして誰もいなくなった」を日本で初めて映像化。絶海の孤島に立つホテルに招待された10人の男女が一人、また一人と殺され10体の他殺体が見つかるというストーリー。

主演の仲間は「今回、ドラマでは殺される役を初めてやりましたが、何というのでしょうか…。やはり気持ちの良いものではないなと思いましたし、殺される撮影の近辺は、嫌な夢を見るようになりました。起きるとき、イヤ〜な気持ちになりながら、撮影に向かっていました」と振り返る。

向井も「今作で初めて殺される役をやりました。10人が一人ずつ死んでいくわけですが、僕はその中でもある意味とても重要な役を仰せつかったと思っています。ぜひ見逃さないでいただければと思います!」と自信を見せた。

余は「私はこの中で一番、寒い殺され方をしました。もう若くないので、別の死に方が良かったなぁと思いました(笑)」とこぼした。

すると、國村は「一人一人死に方が違うのですが、僕の死に方は余さんほど大変ではありませんでした(笑)。ただ気になっていたのは、死ぬ順番です! できるなら最後の一人にはなりたくない、文字通り現場が“そして誰もいなくなって”自分だけが撮影している、そんなことにはなりたくないねと、話していました(笑)。と言いますのも、結構しつこく生きているんです!」と打ち明けた。

一方、藤は「私は他局のドラマで“最多犯人役記録”というものを所有しております。殺すのは得意なのですが、今回は殺されました」と笑いを誘った。

また、仲間は「素晴らしい俳優の方々と共に撮影の時間を過ごせましたこと、大変うれしく思っています。いい緊張感の中、恐ろしい世界観を持つこの作品を撮り終えることができて、ぜいたくな時間だったなと思っています」と豪華なキャスト陣に恐縮する場面も。向井も「かいたことのない汗をかきながらも、多くのことが勉強になった現場でした」と明かした。

最年長として現場を引っ張った津川は「愉快な現場でした。現場を取り仕切ってくださったのは橋爪さんで、あちこち気を使って、皆さんの仲を取り持ってくださった。おかげで僕は何もすることなく、『これが津川さんのイス』と言われたら、そのイスに座ってのんびりさせてもらいました。優しく親切にしていただいて感謝しております」と語った。

橋爪は「実は50年前、『そして誰もいなくなった』の舞台で照明のアルバイトをしておりました。とにかく当時の照明は裏をあちこち這いずり回って…当時としては結構なアルバイト代をいただきましたが、それしか覚えていません(笑)」と名作との意外なつながりを告白。

スケジュールの都合で会見を欠席した渡瀬恒彦は、「ひとクセもふたクセもある一騎当千のツワモノたち、中に置かれた高山の花、水辺の花、温室の花。仕上がりはどうなっているのか、4時間テレビの前にお座りください」とコメントを寄せた。

今回、原作にはない役どころで出演する刑事役の沢村は「撮影中『ここに津川さんがいらしたんだな』や『ここにあの方がぶら下がっていたんだな』、『余さん寒かっただろうな…』と、皆さんの足跡をたどるように事件を解決してきたことを思うと、今日はなんだか亡霊と会っているような気持ちです」と笑顔を見せた。

また、“職業人”であることを強調するため眼鏡を着用したという沢村は「この謎を解けるのは普通の人じゃない。じゃあ、どんな人なんだろう…と、いろいろ思いを巡らせていたところ、意外と身近にモデルになる方がいらした。黒メガネで知られるテレビ朝日の名物プロデューサーです(笑)」と入念な役作りを告白。

一方、荒川は「沢村さん以外の方々とは先ほど初めてお会いしたのですが、…怖かったです。泥くさく、できないほうの刑事ですが、一生懸命がむしゃらに演じました。皆さま、楽しみにしてください!」と緊張気味に明かした。

和泉監督は「最初にアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』をやると聞いた時はびっくりしました。皆さん早く現場に入るので、僕も2時間ぐらい前には現場に入るようにしていました。そんな生活を3カ月近く続けたので、今も朝4時ぐらいに自然に目が覚めてしまいます。その分、時間を有効に使えるので、それもこの作品をやって良かったかなと思っています」と期待を寄せた。

すると、大地は「テストだと思っていると、『今ので撮れたよ』と監督がおっしゃることがあって、『そうなんだ〜』みたいな(笑)。作品自体がスリリングですから、現場もスリリングだなと思いながら、今までにない刺激的な経験をたくさんさせていただきました」と撮影中のエピソードを語った。

最後に仲間は「いったい犯人は誰なのか、なぜこの事件は起こってしまったのか…。素晴らしい俳優陣と和泉監督が描き出す、恐ろしい世界観を最後までぜひ楽しんでください!」とアピールした。