故障者/川崎=武岡、エドゥアルド、エウシーニョ、家長、田中 鳥栖=小林
出場停止/川崎=なし 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第2節
川崎フロンターレ-サガン鳥栖
3月5日(日)/17:00/等々力陸上競技場

川崎フロンターレ
今季成績(1節終了時):2位 勝点3 1勝0分0敗 2得点・0失点
 
【最新チーム事情】
●家長はトレーニングを欠席。非公開で行なわれた浦和との練習試合で負傷した模様。
●ACLのイースタンSC戦で好パフォーマンスを見せたハイネルがリーグ初先発か。
●トレーニングでは阿部の1トップ起用を試す。仮に実現すれば、阿部にとってはプロ初のポジションに。
 
【担当記者の視点】
 3月1日のACL第2戦・イースタンSC戦を1-1で引き分けたチームは中3日で鳥栖戦へと臨む。ただ、香港での試合には中村、大島は帯同せず、コンディションを整えられた点はプラスだ。
 
 一方、同じくイースタンSC戦を回避した家長は非公開で行なわれた浦和との練習試合で負傷した模様。そのため1トップは小林が務めそうだが、トレーニングで試した阿部の起用もあるかもしれない。
 
サガン鳥栖
今季成績(1節終了時):17位 勝点0 0勝0分1敗 1得点・3失点
 
【最新チーム事情】
●フィッカデンティ監督は「開幕からダッシュを……」と話していたが、開幕戦は流れを掴めずに1-3で柏に完敗。
●柏戦で封じられたエースの豊田は、5年連続の開幕戦ゴールを奪えなかった。
●前節インフルエンザで欠場したMF福田が戦列復帰。先発する可能性も。
●DF小林が右膝蓋大腿関節症の手術で約2か月間の離脱。手術は3月4日予定。
 
【担当記者の視点】
 柏との開幕戦はPK2本を含む3失点。試合後、フィッカデンティ監督は主審のジャッジに対して、「正しく判定できる審判になることを望む」と怒りを露わにした。
 
 一方で、このイタリア人監督のあまりに遅い選手交代には疑問が残る。インフルエンザにかかった福田のほか負傷者が数人いた事情もあるが、相手に主導権を握られるなかで手を打てず、先制点を守り切れなかった。川崎戦では、チームを率いて2年目となる指揮官の采配に期待したい。
 
 先発では、前節鮮烈なFKを決めた原川の起用が濃厚。昨季は川崎に所属したプレーメーカーは、古巣との一戦に燃えている。そのほか新戦力のなかには、小野ら開幕直前のキャンプで合流した選手もいるだけに、どれだけコンビネーションの向上を図れたかにも注目したい。