“名岐ダービー”に向け、名古屋・風間監督が意気込み「試合の流れを自分たちで掴む」

写真拡大

 名古屋グランパスを率いる風間八宏監督が、4日に豊田スタジアムで開催されるFC岐阜との一戦に向けて意気込みを語った。風間監督のコメントを名古屋グランパス公式HPが伝えている。

「まず、自分たちがどれだけのプレーを出せるかで相手の出方も変わります。相手よりも自分たちという要素の方を大きく捉えています。前回の岡山戦でも良い時間帯、そうでない時間帯の両方がありました。相手を押し込む時間をどう作るかが大切です」とファジアーノ岡山との開幕戦を振り返り、今節に向けたポイントを語った。

「試合の流れを自分たちで掴む。選手交代を含め多くの要素によって流れは変わります。90分、どれだけ自分たちが良い状態でプレーを続けるかが大切です。試合を戦いながら変化を求めていく、ボールを大切にするという言葉にはそれほど意識していませんが、FC岐阜が良い対戦相手であることは間違いありません。試合では片方のチームが優れていても面白いゲームにはなりません。その上で、FC岐阜とのいい試合を観せたいです」と意気込みを語っている。