胸下まであるブーツ。もう普通がない。ヴェトモンとマノロ・ブラニクがコラボ

写真拡大

こういう突き抜け感、大歓迎!

普通って何? 胸下まで届くほど長いブーツ

"普通"という概念を完全に無視した強気な姿勢に、清々しさすら感じてしまうのが、「VETEMENTS(ヴェトモン)」と「Manolo Blahnik(マノロ・ブラニク)」がコラボレーションしたブーツ。

目を奪われるのは、なんといってもその長さ。とにかく長い。

ブーツをピンッと伸ばすと、その高さはウエスト...いや、もはや胸下にまでのぼります。

バックスタイルはこんな感じ。ほとんど下半身をブーツが覆ってしまっている、と言っても間違いではないはず。

素材はサテン。光沢感が過激なデザインと相まって、近未来を感じさせます。

改めて見ると、すごい長さ。これ、シューズボックスに入るかな...。

ショウの舞台裏。自分の脚をまるまる飲み込んでしまうブーツは、脱ぐのにもひと苦労。他人の助けが必要です。

もはやブーツというよりも、服の一部。うすピンクのドレスに、ヴィヴィッドなピンクのブーツがアクセントになっています。

「ブーツってこういうもの」という従来の価値観を打ち破った、斬新すぎるこのブーツ。

履きたいか履きたくないかは別として、とことん自由を追求するスピリットには、なんだか勇気をもらえます。

[VETEMENTS, Manolo Blahnik, Footwear News]

文/浦田昆

こちらも読まれています

・外国人みたいに、目と眉の距離を近づけるには? #sponsored

・この女性、じつは「指先」だけでメイクしました #sponsored

・東京でも取り入れたい、NY流「ハイカジュアル」ファッション#sponsored