サバイバルゲーム社員研修

写真拡大

 新宿・歌舞伎町の本格スパイ体験アトラクション「inSPYre」では赤外線銃の開発を手掛けるHotSprings株式会社と提携し、赤外線銃を用いた社員研修サバイバルゲームを2017年3月より開始すると発表しました。講師は元自衛官が担当。(赤外線銃を用いたゲーム:赤外線でお互いのセンサーを撃ち合うゲーム)

【詳しい元の記事はこちら】

 まるでどこかの秘密基地のようなinSPYre内で赤外線銃で撃ち合うサバイバルゲームをするという、アクション映画さながらのスリリングな社員研修では、数名のチームに分かれて相手チームの攻略を行い、相手チームよりも多くのチームメンバーが生き残ることを目指し戦闘が繰り広げられます。また元自衛隊の講師からは、自衛官ならではの作戦の立て方など、百戦錬磨の様々なノウハウが伝授され、より実践的かつ本格的な体験が味わえるそうです。

 なお、研修中は社員研修らしく「社員の言動」「積極性」「協調性」「全体評価」「リーダーシップ」「計画能力」など能力に分けて詳細に評価され、最終的にレーダーチャート付き結果表として人事担当者に提出される仕組み。開催するinSPYreはこの社員研修について「今まで見落としていた個々の参加者の特性、能力を客観的に評価できる」としています。

 実施は平日10時から17時で、人数は最低15人〜20人まで。料金プランは昼食こみで38,000円/人。実施は事前申し込みが必要で、問い合わせ先はHotSprings株式会社の電話03-5763-5554となっています。