故障者/FC東京=米本、岡崎、梶山、平岡 大宮=沼田
出場停止/FC東京=なし 大宮=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ2節
FC東京-大宮アルディージャ
3月4日(土)/15:00/味の素スタジアム
 
FC東京
J1(1節終了時):4位タイ 勝点3 1勝0分0敗 1得点・0失点
 
【最新チーム事情】
●今季のリーグ開幕戦はアウェーで鹿島に完封勝利。
●P・ウタカが広島から期限付き移籍で加入。
●梶山が2月18日の練習試合で右ヒラメ筋筋挫傷(全治約3週間)。
 
【担当記者の視点】
 2010年以降、リーグ戦のホームゲームでいずれも0-1と“5連敗中”の大宮を打ち破れるか。「味スタでやる時はポロッと負ける」と東が言うように、警戒すべきはカウンターだろう。おそらくボールを保持する時間が長くなりそうなだけに、危険な位置でのボールロストはできれば避けたい。

 せっかく開幕戦で鹿島を破ったのにホームで負けるような事態になれば、チームの士気にも影響を及ぼす。求められるのは、内容以上に結果だ。
J1リーグ 第2節
FC東京 - 大宮アルディージャ
3月4日(土)/15:00/味の素スタジアム
 
大宮アルディージャ
今季成績(1節終了時):18位 勝点0 0勝0分1敗 0得点・2失点
 
【最新チーム事情】
●横谷が全体練習に復帰。ただ、今節の出場は微妙なライン。
●攻撃面では、サイドを起点にした速攻を整理。
●練習はサイドのオーバーラップやクロスに重点を置く。
 
【担当記者の視点】
 第1節・川崎戦はホームで0-2と敗北。開幕白星こそ逃したが、悲観すべきパフォーマンスでは決してなかった。特に前半は前線からの連動したハイプレッシャーが機能。良い守備から良い攻撃を体現して、いくつか決定機を作った。修正すべきは、ゲームコントロールの部分。後半は攻撃を急ぎすぎるあまり自滅した感もあったので、行くべきところと抑えるべきところのメリハリをつけたい。
 
 リーグ屈指の陣容を揃えたFC東京を相手に、どこまで自分たちのスタイルを体現できるか。味スタでの相性は良いだけに、良い部分の継続と修正を徹底して今季初勝利を掴みたい。