故障者/広島=柏、森、A・ロペス、佐々木、青山、長沼 故障者/清水=竹内、河井、カヌ
出場停止/広島=なし 清水=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ第2節
サンフレッチェ広島 - 清水エスパルス
3月4日(土)/14:00/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
今季成績(1節終了時):7位タイ 勝点1 0勝1分0敗 1得点・1失点
 
【最新チーム事情】
●キャプテンの青山が体調不良で欠場濃厚。
●開幕戦で右ハムストリングスを負傷した柏は全治6週間。
●19歳の森島がU-20日本代表に選出。
●キャンプで離脱していた林と柴粼が練習に復帰。
 
【担当記者の視点】
 チームの心臓とも言うべき青山が体調不良で練習を回避。新潟戦で右ハムストリングスを負傷した柏も含め、代えが利かないピースを欠いたまま、週末のリーグ戦に臨まなければならない。
 
 林、柴粼という主力がトレーニングに戻ってきたことは朗報とはいえ、それでもなお森粼や佐々木、A・ロペスも含めると主力が5人も離脱中と厳しい状況が続いている。森島や茶島ら若いタレントたちが練習で躍動しているが、経験のなさを勢いでカバーできるか。彼ら若者たちが今季の広島の浮沈を握っている。

けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!

サンフレッチェ広島-清水エスパルス
3月4日(土)/14:00/エディオンスタジアム広島
 
清水エスパルス
今季成績(1節終了時):14位 勝点0 0勝0分1敗 0得点・1失点
 
【最新チーム事情】
●河井が左アキレス腱断裂で長期離脱。
●右SBは飯田、もしくは、鎌田が先発へ。
●右サイドハーフは枝村の起用が有力。
 
【担当記者の視点】
 神戸との開幕戦で河井が左アキレス腱を断裂。ボランチは竹内も負傷離脱中とあって台所事情は苦しく、広島戦では前節の神戸戦で右SBを務めた六平の起用が有力だ。

 注目は右SBの人選。ルーキーの飯田、3年目の鎌田が熾烈な争いを続けており、その動向は流動的だ。前者は鹿児島キャンプ中からアピールを続けているだけに、この一戦に小林監督が抜擢する可能性は十分ある。

 仮にプロデビューを飾れば、契約上、古巣・広島戦に出場できない野津田に代わって、スタメンが有力な枝村とのコンビネーションも見物。効果的なサイドアタックを仕掛て、特大なインパクトを放ちたい。