ハイブリッド車のプリウスが登場した1997年以降、クルマのパワートレインは凄まじい進化を遂げています。今後もすぐにガソリンエンジンは無くなることはないと思われますが、プラグインハイブリッド(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FV)などの次世代車がより普及していくのは間違いありません。

そこで、今回は将来パワートレインの主流になると思われる次世代車PHV、EV、FCVの中から、今購入できるオススメ5車種を紹介しましょう。

■トヨタプリウスPHV

1

2代目となる現行型トヨタプリウスPHVは2017年2月に登場しました。ハイブリッド車のプリウスとは異なるデザインを採用し、バックドアの素材にトヨタブランド初となるCFRP。そして二つの膨らみをもつダブルバブルウィンドウを採用しています。

1.8L直4DOHCガソリン+モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムは、大容量リチウム電池の搭載と高効率化によってEVの走行距離を68.2kmに拡大。さらにEV走行時の最高速度も135km/hと向上しています。また、HV走行燃費も37.2km/Lを実現しています。

駆動用バッテリー専用ヒーターや世界初のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンを採用し、EV走行中にできるだけエンジンが掛からないように工夫されています。プリウスPHVの車両本体価格は326万1600円〜422万2800円となっています。

■三菱アウトランダーPHEV

国産車のPHEVの中で最も販売台数が多いのが三菱アウトランダーPHEVです。現行型アウトランダーPHEVは2013年1月より販売開始されました。

アウトランダーPHEVは2L直4エンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載し、EV走行は満充電時60.2kmを実現。HV走行燃費も19.2km/Lと高い燃費性能を誇ります。

アウトランダーPHEVは走行して溜めた電気をV2Hという機器を通して家庭用電源として使用することができます。駆動用バッテリーが満充電の状態で一般家庭の最大1日分。エンジンでの発電も組み合わせればガソリン満タンで最大10日はまかなえるというスグレモノです。アウトランダーPHEVの車両本体価格は365万9472円〜478万9260円です。

■日産リーフ

ピュアEVの日産リーフは2010年12月より販売開始されました。当初JC08モードで満充電時の走行距離は200kmでしたが、2012年のマイナーチェンジで228kmとなりました。さらに2015年には電池容量が従来の24kWhに加えて、30kWhを追加し航続距離を280kmまで延長しました。

リーフは5ドアハッチバックのスタイリングを採用し、広いキャビンスペースとA型のベビーカーを収納できる370Lのラゲージ容量を確保しています。インテリアはツインデジタルメーターや円形のシフトレバー、フラットパネルセンタークラスターなど先進性に富んでいます。リーフの車両本体価格は280万3680円〜428万8680円です。

■BMW i3

2013年11月に導入されたBMW i3は、ピュアEVだけでなく搭載したガソリンエンジンで発電し走行距離を延長するレンジエクステンダー装備車も設定しています。

BMW i3のボディには軽量化を図るため、CFRPと呼ばれる炭素繊維強化樹脂を採用しています。そして、モーターやバッテリーを搭載するドライブ・モジュールにはアルミ合金を採用するなど革新的な技術が導入されています。

BMW i3は1回の満充電時の走行距離は390km(JC08モード)です。発電用のガソリンエンジンを備えたレンジエクステンダーは航続距離最大511kmに達します。モーター駆動らしい優れた加速性能は0-100km/h加速がわずか7.3秒。そしてアクセルペダルだけで加減速できるワンペダル操作も可能です。i3の車両本体価格は499万円〜607万円です。

■トヨタミライ

トヨタミライは水素を燃料として走行する世界初の量産型燃料電池車(FCV)として2014年11月に販売開始されました。1回あたりの水素充填時間は3分程と短いものの、一充填走行距離は約650km(JC08モード、70Mpa仕様での充填時)を実現しています。

ミライは水素で作った電気でモーターを駆動させるため、排出するのは水だけなので究極のエコカーと呼ばれています。

水素ステーションがまだ少ないことや70Mpa仕様で充填できないなど課題があるもの事実ですが、次世代車の中でも最も先進的なのがFCVのミライでしょう。ミライの車両本体価格は723万6000円ですが、様々な新しい技術が投入されており、生産台数が限られているので現在注文しても納車は2019年以降の予定です。

(萩原文博)

未来を先取り!今乗れる次世代自動車5モデル【2017年版】(http://clicccar.com/2017/03/03/449823/)