「アニカル部」のMCを務める足立梨花、加藤諒、桃井はるこ/c2017 Animax Broadcast Japan.

写真拡大

加藤諒、足立梨花、桃井はるこの3人がMCを務める新番組「アニカル部」が、BSアニマックスにて3月5日(日)夜11:00より放送がスタートする。

プライベート感が出ないか心配。素が出過ぎちゃうんじゃないかなって思うんです(笑)/c2017 Animax Broadcast Japan.

「アニカル部」とは、「アニメカルチャーの素晴らしさを発信していく部活動!」をコンセプトに、アニソン・声優・ダンス・聖地巡礼などを紹介していくアニメカルチャーバラエティ番組。毎回その道のスペシャリストをゲストとして招き、アニメカルチャーをより深く知るべく活動を行う。収録後の記者会見で、メインMCの3人に意気込みを聞いた。

足立は、短いスカートの制服コスプレ風な衣装について「コスプレが好きで、小さい頃はゴミ袋で魔女の宅急便のキキになっていました(笑)。もう24歳なので、視聴者に引かれないかな」と不安になりつつも「絶対領域を守って番組を進めていきたいです!」と気合十分。

子どもの頃から「おジャ魔女どれみ」や「ポケモン」「名探偵コナン」が好きだったと言い、「深夜アニメにハマったのは実は最近。声優オーディションで知り合った子がアニメに出るのを聞いて、そこから深夜帯アニメや恋愛シュミレーションゲーム、舞台などのいろんなアニメカルチャーを見るようになりました」とアニメに関する情熱を見せた。

足立や桃井ほどアニメに詳しくないという加藤は「どちらかというと視聴者に近い立場なので、アニメをいっぱい知るためにたくさん学んでいきたい」と抱負を語り、ゲストとして会いたい人を問われると、「声優の花澤香菜ちゃんとは、子役時代に共演したことがあるけど、ずっと連絡を取っていないので会えたら嬉しい」と話した。

アニカル部の顧問で、元祖アキバ女王・オタクの神様と呼ばれる桃井は、「情報が溢れすぎている世の中なので、番組がいい出会いのきっかけになれば」 と話し、アニメに詳しくない人も楽しめるように、アドバイスとして「毎回ゲストの方を『名誉部員』と呼んでいるんですが、アニメの世界のキーパーソンの方ばかりなので、ゲストのお話を聞いて、自分の好きな作品を探してもいいですね」と笑顔で語った。