写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは2日、BMWモトラッド既存6車種の新型モデル「K1600GT」「F800R」「F800GT」「S1000R」「S1000XR」「R1200GS」を全国のBMWモトラッド正規ディーラーで21日から順次発売すると発表した。

「K1600GT」はデザインを変更したサイドトリムパネルとラジエーターカウルを採用。コックピットのメーターには新たに「GT」のロゴをあしらった。リバーススイッチを搭載し、車体をバックさせる際のライダーの不安を軽減している。「F800R」「F800GT」はライドバイワイヤーを採用し、2つのライディングモードとともにライディングシーンに合わせた操作性を実現。リアサイレンサーキャップの変更など、デザインの細部もリファインした。

「S1000R」「S1000XR」は、HPチタンサイレンサーやシフトアシストPro、ABS Proを搭載。4つのライディングモード、DTC、ピットレーンリミッター、ローンチコントロールなども装備する。「R1200GS」では、新デザインのアッパー、フロントホイールカバーを採用。新たに「エクスクルーシブスタイル」「ラリースタイル」も設定した。

いずれのモデルも欧州新排ガス規制ユーロ4に適合している。価格は、「K1600GT」が「スタンダード」「スポーツ」ともに300万円。「F800R ハイライン」が109万9,000円、「F800GT ハイライン」が141万5,000円など(価格はすべて税込)。

(山津正明)