MotoBeでは以前から雪に関するバイクの遊び方を探し続けていました。

ノーマルのオフ車で50〜60cm積もった雪山に突入してみたり、スキー場で借りられる「スノースクート」「スノーモト」をやってみたり……楽しい物もあれば楽しさより過酷さが目立つ企画だったり。

今回の記事は超本気の雪バイク「スノーモービル」です!

1

スキー場などでもレスキュー隊のスノーモービルを見かけたりしますよね。これは雪の上を走るためだけに生まれてきた乗り物。

フロントはスキーのような板が左右に付いていて、これを使って方向転換していきます。

ただハンドルを左右にきれば勝手に曲がっていく、ような乗り物ではありません。基本的には曲がらず、体重移動で曲げていく乗り物です。

リアに付いているのはもちろんタイヤではなく、キャタピラ。「これでもか!」というくらい雪を掻くための突起が出ています。

このモデルはツアラーモデルなのでタンデムもできますし、荷物を積むスペースまであります。

スキー場などで使われているのもこのようなツアラーモデルですね。

エンジンは4ストローク500ccエンジン。2気筒で音はバイクとあまり変わりません。

ハンドル周りはバイクとはちょっと違います。スロットルは「回す」ではなく、どちらかと言うと「押す」に近い感じ。レバーを前に押すとアクセルONになります。

こうしないと凍ってしまうからだとか。

グリップヒータも純正で付いています。便利アイテムではなく、ここも暖めないと凍ってしまうからということです。

今回取材に協力してもらったのは、栃木県那須塩原市でスノーモービルのレンタルをしている「スノーランド塩原」。

わざわざスノーモービルを買わなくても場所とモービルをレンタルしてくれるんです。
ここまで広い土地でモービルを走らせられる機会は中々ありません。

友達とスキーに行くノリでモービル体験、というのも気軽にできちゃうわけです!

 

スノーモービルは一応自立しているので平らな場所で真っ直ぐ走る分にはバイクよりも簡単かもしれません。

ただ難しいのは曲がる時。先ほど言ったようにハンドルと体で曲げていかないと曲がらないし、簡単に横転します。

それを知らず「余裕だろ!」とか言って速攻横転したのは僕です…。

傾斜がある場所でもそのまま乗っていると、どんどん谷方向へ走って行ってしまうので反対側に体重を乗せならが進んでいきます。

このスノーモービルは比較的大人しいモービルですが、いざ乗ってみると500ccのツインということもあってかなりの加速感!真っ直ぐ走るだけでも1〜2時間遊べるくらい楽しいです。

ある程度操作に慣れたらスノーツーリングに出かけてみましょう!

次回はモービルで雪山に出かけた様子をご紹介します。バイクじゃ絶対ここまでできない遊び方がたくさんありました!

【スノーランド塩原】

〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原105-164
スノーランド営業時間 am8:00〜pm15:30

・スノーランドスノーモービルレンタル使用料金(20分単位)
125cc 1,200円 1台
500cc 3,000円 2台
700cc 4,000円 2台

・その他レンタル品
テント 2,000円(1日)
手袋 500円
長靴 500円
そり 500円(お子様用)

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

誰でも体験可能!スノーモービルに乗ってみたら超エキサイティングだった!【本気の雪バイク】(http://clicccar.com/2017/03/03/448809/)