東京ディズニーシー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー 〜シャイン・オン!〜」 ©Disney 撮影 / YOSHI

写真拡大

東京ディズニーリゾートでは、様々なショーやパレードが行われています。

【TDL/TDS】中高生・学生は要注意! 前売りパスポートを持っていても入れない!? 知っておきたい「入園制限」

2017年3月17日まで、東京ディズニーランドでは「フローズンファンタジーパレード」、東京ディズニーシーでは「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー 〜シャイン・オン!〜」などが公演されています。

しかし、雲一つない晴れのときでも、ショーが中止になってしまうことがあるのです。

風速10m以上になると危ない!

東京ディズニーリゾートは、東京湾のすぐそばにありますので、風の影響をとても受けやすいのです。

ショーやパレードの場合、風速が10m前後になると、一部の演出がカットされてしまいます。

それよりも強い風になってしまうと、最悪の場合は「中止」ということも。

屋外にある一部のアトラクションでも、強風のときは「運行中止」になってしまうことがあります。

また、夜の打ち上げ花火は、風が弱くても、南から北へ吹いているときには、中止の場合が多いです。

どんな時期に、風が強くなるの?

東京湾で強い風が吹くのは、こんなときです。

2月〜3月 「春一番」と呼ばれる、南からの暖かい風 3月〜5月 「メイストーム」と呼ばれる、急速に発達した低気圧による風 夏〜秋 台風の通過(通るときだけではなく、その後も要注意!) 冬 北からの冷たい風

東京ディズニーシーは、周りにさえぎるものが少ないので、より風の影響を受けやすくなっています。

気象情報サイトで風速をチェック!

各種気象情報サイトでは、おおまかな風の予報や、今現在の風の動きを知ることができます。

パークを訪れるときには、お天気だけではなく、風にも注意してみてくださいね。