(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

写真拡大

 4月7日に公開される映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』より、日本版ポスタービジュアルが公開された。

参考:初登場1位の『ラ・ラ・ランド』、映画業界の常識をくつがえす大ヒットの意義

 本作は、士郎正宗による漫画『攻殻機動隊』をハリウッドで実写映画化したもの。本作の舞台は、社会のありとあらゆる場所にネットが張り巡らされ、国家や社会の構成ユニットがそのカタチを何とか保とうとしている近未来。体は義体で、脳だけが自分である、世界最強の捜査官“少佐”の活躍を描く。

 『アベンジャーズ』のスカーレット・ヨハンソンが、原作の“草薙素子”にあたる少佐を演じるほか、少佐の上司である荒巻役にビートたけし、革命家のクゼ役に『ラストデイズ』のマイケル・ピット、少佐の片腕ともいえるバトー役に『LUCY/ルーシー』のピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターのオウレイ博士役に『汚れた血』のジュリエット・ビノシュがそれぞれ扮する。

 この度、公開された日本版ポスタービジュアルには、近未来のビル群を背に、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐、ビートたけし演じる少佐の上司である荒巻、ピルー・アスベック演じるバトーの他、人気キャラクターのサイトーら公安9課のメンバーが集結したデザインに仕上がっている。

 ルパート・サンダース監督は、「私は原作の大ファンであり、自分勝手かもしれないけど、自分が大好きでインスピレーションを受けたものを実写にして世界中の観客に届けたかった。映画体験として新鮮で目にしたことのないような未来像だよ」とコメントしている。(リアルサウンド編集部)