iroha INTIMATE WASH

写真拡大

TENAG社の女性向けセルフケアブランド「irohaINTIMATE CARE(イロハインティメートケア)」から、2017年3月3日、デリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハインティメートウォッシュ)」が発売になりました。

創業120年以上の歴史と伝統を誇る石けん専業メーカー「TAMANOHADA(玉の肌石鹸)」との共同開発で、「繊細なところだからこそ、優しくケアしたい」というニーズに向き合って作られました。

ワンランク上のボディケア

デリケートゾーンソープの市場は広がりつつあります。TENGA社が2017年2月に調査したデータ(※)によると、デリケートゾーンのケアについて調べたことがある女性は約2人に1人。デリケートゾーンソープを使用したことがある女性は約3人に1人と、デリケートゾーンのケアが日本人女性に浸透していることがわかります。

「イロハインティメートウォッシュ」は、デリケートゾーンの肌と同じ「弱酸性」。植物性グルコマンナン(スクラブ剤)で、優しくしっかり汚れを吸着します。香りは、アロマテラピーにも使われる天然の香り成分を配合しており、ワンランク上のボディケアを楽しめます。

優しくセクシーなジャスミンの香りで保湿成分を多く配合した「moist」と、ライムの爽やかな香りとメントールの爽快感でスッキリと洗い上げる「fresh」の2種。

乾燥が気になる人はmoist、生理中ムレるのが気になる時はfreshと、周期や体質に合わせて使い分けられます。

参考価格は1800円(税別)。135ミリリットル。公式オンラインショップ、amazon、全国のバラエティショップ等で販売。

また、3月17日15時まで、抽選で50人にirohaINTIMATE WASHの「moist」と「fresh」の2種(各1本)が当たるモニターキャンペーンも開催中。1か月以内に2種試してモニターレポートを提出します。

詳細はキャンペーンページから。

※調査対象18歳〜49歳女性、サンプル数1200、インターネット調査