LABOUM ソルビン、19禁映画を見て衝撃を受ける「女性の体が…」

写真拡大

ガールズグループLABOUMのソルビンが、成人になった後に映画「お嬢さん」を見た理由を明らかにした。

2日に韓国で放送されたtvN「人生酒場」には、宇宙少女のソンソ、DIAのチェヨン、LABOUMのソルビン、女優ソ・シネなどが出演した。

成人になった後一番したかったことを尋ねる質問にソルビンは「本当に多い」として、「映画館に行って19禁の映画を見たい。残忍な映画を大きいスクリーンで見たい」と話した。

MCタク・ジェフンは、「20歳になる時まで19禁映画を一度も見なかったのか?」と尋ねた。

ソルビンは、「実は私が19歳の時にお姉さんメンバーと宿舎でパーティーをした記念に『お嬢さん』を見た」として、「見て衝撃を受けた。あんなふうに映画館で映し出されて大丈夫なのかと思った。女性の方の体が一糸まとわずに出ていた」と告白した。

ソルビンは、「お姉さんは映画をよくできていると言ったが、私はそのようなシーンが出てくるたびに咳払いしていた。何だかまだ心の準備ができていないようだった」と打ち明けた。