「ミッシングナイン」チェ・テジュンを怪物にしたのは?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チェ・テジュンを怪物にしたのはキム・ボムレだった。

2日に韓国で放送されたMBC「ミッシングナイン」では、ジェヒョン(ヨン・ジェウク) が死んだ当時の過去が明らかになった。テホ(チェ・テジュン) のミスでジェヒョンが怪我したことは事実だが、直接殺したのはドパル(キム・ボムレ) だった。

テホはその後ジェヒョンの幻覚に襲われ苦しみ、ドパルに「僕はもう限界だ。自首したい」と涙を流す。ドパルは「なぜ全部整理がついた事件をわざと掘り返そうとするのか。ジェヒョンとジュノ(チョン・ギョンホ) がそうなったのは彼らの運命だ」と強く言う。

ジュノは、自殺に偽装されたジェヒョンの死の責任を負い、転落した。