『暗黒女子』(c)2017「暗黒女子」製作委員会 (c)秋吉理香子/双葉社

写真拡大

 清水富美加&飯豊まりえがW主演を務める映画『暗黒女子』より、“うさ耳”場面写真が公開された。

参考:清水富美加&飯豊まりえW主演作『暗黒女子』、登場人物たちの“恐るべき裏の顔”捉えた予告編

 本作は、秋吉理香子による同名小説を耶雲哉治監督が実写化したミステリー映画。聖母マリア女子高等学院のカリスマ“白石いつみ”の「死」をテーマに、文学サークルの部員たちが自作の物語を朗読することによって、5つの動機と5つの結末が生まれる模様を描く。

 このたび公開されたのは、謎の死を遂げた美少女・いつみ(飯豊まりえ)や、彼女の親友である澄川小百合(清水富美加)ら、文学サークルの部員たちが“うさ耳”を付けている場面写真。うさ耳を付けた高岡志夜(清野菜名)が不敵な笑みを浮かべる模様や、志夜やディアナ・デチェヴァ(玉城ティナ)らが冷たい表情をいつみに向けている姿などが収められている。ミッション系の学校である聖母マリア女子高等学院は、春のイースター(復活祭)を開催。この行事で、サークルの部員たちはチャリティーバザーを行い、様々なお菓子を販売するブースを出店している。イースターにおいてうさぎはたくさん子供を産むことから豊かな生命の象徴とされており、サークルの部員たちもこの伝統を踏襲しているとのこと。(リアルサウンド編集部)