炎上狙い?Brave Girlsの“19禁MV”が話題…女性同士が身体を密着させる刺激的な映像公開

写真拡大

Brave Girlsは、わざわざ議論を起こそうとしているのだろうか。公開された予告映像が尋常ではない。

Brave Girlsは3日の0時、青少年観覧不可判定を受けた新たなタイトル曲「Rollin'」ミュージックビデオの1次予告映像を公開。映像では、新曲の一部を聴かせると同時にメンバーの身体にフォーカスを合わせた。

画面の中でメンバーは、互いの身体を密着させている。眼差しも悩殺的に表現し、刺激的だ。

Brave Girlsは、今回の映像が青少年観覧不可判定を受けたことを大々的に発表した。年齢制限がかかることを惜しむ代わりにこのニュースを利用し、積極的に広報している様子が見られる。所属事務所は、ミュージックビデオの2次予告映像を今月6日の0時に公開する計画まで立てている。

Brave Girlsは3月のカムバック前にメンバーのユジン、ヘランが脱退。学業と健康悪化でグループ活動は行わないが、所属事務所とは変わらず契約状態だ。

ミニョン、ウンジ、ユナ、ユジョン、ハユンの5人体制となったBrave Girlsは、所属事務所の代表である勇敢な兄弟のプロデュースで新アルバムを発売する。タイトル曲「Rollin'」は俗語が使用されている歌詞が含まれるため、KBS審議で不適格判定を受けた。そしてミュージックビデオの予告映像は、19禁に分類された。

Brave Girlsはより多くの人々に名前を、メンバーを、歌を知ってもらわなければならない。しかし、目にすることのできる人数を制限するコンセプトを決めた。果たして今回のプロジェクトがBrave Girlsにとって得になるのか、カムバック後の反応が気になるところだ。