V.A『AKG TRIBUTE』

写真拡大

 トリビュート・アルバムのリリースは、対象になるアーティスト・バンドの周年や、その後の活動の布石を打つ意味合いが多い。例えば、2014年に本人は活動休止する中、デビュー15周年を記念してリリースされた『宇多田ヒカルのうた 13組の音楽家による 13の解釈について』。同作は、盟友とも呼べる椎名林檎や浜崎あゆみから、意表を突く井上陽水まで、まさに「13の解釈」がなされ、昨年、本人が活動再開する上でも重要な意義を持ったカバー・アルバムである。また、スピッツの不朽の名作『ハチミツ』のリリースから20年を記念してアルバムごとまるっとカバーした『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』に及んでは、90年代以降の日本のロックシーンに確固たる金字塔的なアルバムが存在することを定義するような企画でもあった。一過性のカバー・ブームを通過して、しっかり残っていくアーティストや作品を定義づける作業の一つとしてトリビュートやカバーが、10年代の日本の音楽シーンでも大きな意味を持ち始めたと言っていいだろう。そんな中、今春はいきなり注目度の高いトリビュート・アルバムの発売が続く。直近のリリースを見つつ、その傾向を検証してみたい。

(関連:くるり、BUMP、アジカン……それぞれのアニバーサリーイヤーの動き

■ASIAN KUNG-FU GENERATION:ロックの言葉を更新し続けていたと再認識

 まず、結成20周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATION(以下:アジカン)へのトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』。まず注目するのは参加バンドやアーティストと、彼らがどの曲をカバーするかだろう。ざっと列挙してみると「夏の日、残像」/ amazarashi、「君という花」/ KANA-BOON、「リライト」/ Creepy Nuts、「踵で愛を打ち鳴らせ」/ the chef cooks me、「迷子犬と雨のビート」/ シナリオアート、「Re:Re」/ じん、「アンダースタンド」/ BLUE ENCOUNT、「ムスタング」/ リーガルリリー、「君の街まで」/ never young beach、「未来の破片」/ 04 Limited Sazabys、「ソラニン」/ yonige、「N.G.S」/ 夜の本気ダンス、「ブラックアウト」 / LILI LIMITというラインナップ。いずれもアジカンに影響を受けてきたことは前提として、彼らが全員参加するフェスをイメージできるぐらい、参加アーティストと同世代のリスナーが容易に想定できるメンツでもあるのだ。

 そして、各々が挑んだ楽曲の腹落ち感はアジカンファンにも、例えばネバヤンファンにもあったんじゃないだろうか。KANA-BOONがカバーする「君という花」は元祖・四つ打ちロック・ナンバーでもあり、リフとパワーコード主体というKANA-BOONがアジカンから大きく影響された曲作りの部分、そして案外クセの強いアジカン・後藤正文(Vo / Gt)の歌メロや歌唱の中では、カラオケでも歌える平易さがKANA-BOON・谷口鮪(Vo / Gt)というキャッチーな破壊力のあるボーカリストに異様にハマる。とはいえ、参加している20代のバンドそれぞれがすでに自身のアーティスト・カラーを十二分に持っているだけに、アジカンファン以外にも認知度の高い曲を彼らがいかに“料理”するか? は、広くロックファンの興味をそそるだろう。それにしても誰もが腰が引けてしまいそうな「リライト」をCreepy Nutsに振る企画者の優しさ(!?)、もしくは“リライト”の本来の意味から、現代最強のリリシストであるR-指定の本領を発揮させる意図もあったんじゃないかと思う。ーーそう。後藤正文という表現者は日本のロックの言葉を更新し続けていたことも、このトリビュート・アルバムで再認識できるのだ。

■ウルフルズ:男も女もない人間の共通する感情や機微を浮き彫りに

 ウルフルズもデビュー25周年を記念したトリビュート・アルバム『ウルフルズトリビュート〜Best of Girl Friends〜』がリリースされたばかりだ。トータス松本(Vo)の「あえて女性の声で自分たちの楽曲を歌ってもらったら面白いのでは?」というアイデアを発端にした特徴的なカバーだ。

 とかく男くさくソウルフルで、女々しい部分も男だからこそ表現できるウルフルズの楽曲を女性アーティストがカバーすることで起こる化学反応が、いずれのアーティストも面白い。竹を割ったような、ある種のドライさで阿部真央が歌う「ええねん」の痛快さ、まるで彼女のテーマソングなんじゃなかろうか? と錯覚するUAが歌う「歌」の原曲から大胆にアレンジを変えた超越的な表現、泣きながら小さく口ずさむような、ふくろうずの「バンザイ〜好きでよかった〜」から、ソウル、ロック・シンガーとしての心意気をぶつけるようなSuperflyの「ヤング ソウル ダイナマイト」など、男と女の永遠に重なることのない違いと、男も女もない人間の共通する感情や機微、どちらも浮き彫りにしてしまうウルフルズの楽曲の力は、ジャンルではない「ソウル」がなんなのかを思い知らせてくれる。

■カバーした人々が際立つ、ペトロールズ&銀杏カバー

 アジカンやウルフルズが、バンドそのものも楽曲も知名度がある上でカバーするバンド、アーティストのセンスと力量が問われるベクトルの企画であるとすれば、バンド自体は知る人ぞ知る存在でありつつ、2017年のポップ・ミュージックの潮流とアーティスト間の交流を知るキーになる企画もある。トリビュートという位置付けではないが、ペトロールズのカバー・アルバム『WHERE,WHO,WHAT IS PETROLZ?』は、タイトルがそのスタンスを明示しているかのようだ。メンバーの長岡亮介(Gt / Vo)は、言わずもがな、東京事変での活動、そして休止後も椎名林檎の作品やライブのサポートを行い、星野源、大橋トリオ、illionの作品やライブ、THE BAWDIESの「SUNSHINE」のプロデュースから、『リオデジャネイロオリンピック閉会式』にも登場するという神出鬼没ぶり。

 長岡はカントリーやブルーグラス、そしてソウルミュージックなどをバックボーンにもつミュージシャンとしても知られるが、ペトロールズに関しては2007年のミニアルバム『仮免』から会場限定販売の作品が大半を占め、全国の店舗で販売された作品は未だ3作品のみ。その中でも2015年のアルバム『Renaissance』でようやく広く音楽ファンの評価を得た。

 そして今回のカバー・アルバムの参加アーティスト、バンドがこれからのポップミュージックをアップデートしていく存在ばかりなのだ。Suchmos、LUCKY TAPES、never young beach、Yogee New Wavesらは、いわば去年までの大雑把な「シティポップ」の括りを抜けた各々の個性をカバーだからこそ際立たせるだろうし、トラックメイキングの妙味を見せるSeihoもいれば、演奏者でありルーツミュージックを新しく咀嚼し続ける、Rei+NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)+ROY(THE BAWDIES)からなるR’N’Rもいる。「ペトロールズとは何か?」を探ると同時に、今年のキーマンも見えてくるという仕組みだ。

 また、昨年12月にリリースされた銀杏BOYZトリビュート『きれいなひとりぼっちたち』は、タイトルもこのバンド、ひいては峯田和伸のアーティスト性を言い当てており秀逸。同作にはクリープハイプやサンボマスター、そしてYUKIや安藤裕子ら女性アーティスト、女優の麻生久美子までが参加している。いずれもアーティスト自身が激情とイノセンスを併せ持ち、「好き」という感情のアンビバレンツにいい意味で引き裂かれている存在で、もはや"料理”というよりカバーした人そのものが際立っていたのが印象的だ。長く聴きたい作品としてリスナーからの要望も多く、5月にアナログ盤もリリースされる。

 時にトリビュートされるアーティストの本質を知ることができ、また時に時代をダイレクトに感じられる好企画が多く世に出る今春。気になるものからチェックしてほしい。(石角友香)