弱者を搾取する大手企業の真実:ある男の命がけの告発を映画化『汚れたミルク』

写真拡大

1997年、パキスタンで大手グローバル企業が起こした、不衛生な水で生成した粉ミルクによる乳幼児死亡事件。その裏では、子どもたちの命を救おうとある一人の男が命がけの行動を起こし、孤独に闘い続けていた。

アカデミー外国語映画賞を受賞した『ノー・マンズ・ランド』、ボスニア・ヘルツェゴビナのロマ民族の女性が体験した実話を映画化した『鉄くず拾いの物語』など、社会派作品で知られるダニス・タノビッチ監督が、再び実在の事件を題材に描いた映画『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』。

その男の名は、サイヤド・アーミル・ラザ・フセイン氏。あるグローバル企業は、パキスタンで乳幼児向けの粉ミルクを強引に販売していた。授乳可能な女性たちに対し、ナ貽よりも栄養価が高いイ覆匹箸い辰辛堙切な売り込みを続け、その結果、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の病気・死亡率が増加したのだ。自分の販売した粉ミルクが子どもたちの命を脅かしていることを知ったフセイン氏は、勤めていた企業を訴えることを決意する。

実在の大手企業を告発した実話の映画化のため、企画は製作段階からかなり難航し、本編完成後も世界中で上映の目処は立っていない。そんな中、世界初となる映劇場公開がここ日本で実現した。

故郷を追われ、カナダへの亡命を余儀なくされたフセイン氏。ローリングストーン日本版は、スカイプを通じてフセイン氏にインタビューを敢行した。


(C) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014

―まず、ご自身の身の安全を冒してまで、企業を告発しようと思った動機とは?

そうですね。当時私は27歳で、パキスタンで多国籍企業に勤められるということは、特権でありステータスでもありました。

しかし、私が二人目の子の父親になる目前の頃、一人目の息子が転んで頭を怪我してしまい、私は慌てて息子を病院に連れて行きました。その間に帰ってきた妻は、誰もいない家の床に血がついているのを見て、混乱して裸足のまま家を飛び出し、外で泣いていたらしいのです。私たちの国では、女性が取り乱して外で泣くようなことはあり得ないというような風習があります。しかし、それくらい妻は動揺していたんです。それこそが、親であることのツ砲燧イ覆里世抜兇犬申峇屬任靴拭

その後、私は目の前で生後4カ月の赤ん坊が亡くなると言う事実に直面しました。医者に「あななたちのせいだ」と責められ、そこで初めて自分が売っていた商品の副作用について聞かされたのです。私が告発したのはすなわち、親であることの痛み、また子どもが傷つくことの恐ろしさを、身をもって知ったからなんです。

-世界的大企業の告発をテーマとした映画なので、映画化にも苦労されたかと思います。ダニス・タノビッチ監督からフセイン氏にコンタクトがあったのですか?

2001年初頭、プロデューサーのアンディー・パターソンから連絡をもらったのが全てのはじまりでした。イギリスのベビーミルク・アクション団体を通じて彼らに会い、そこで初めてダニス・タノビッチ監督に会いました。しかし、やはり企画は難航し、映画化には14年くらいかかりました。製作期間中会えない時も、常に電話やメールで連絡を取り合い、何とか完成まで漕ぎ着きました。

―不衛生な水で溶かし粉ミルクを乳幼児に与えたために、この問題は起きました。しかし、医者から粉ミルクを勧められた貧困層の女性たちが、清潔な水を確保できないことは周知の事実ですよね。企業側は、粉ミルクの正しい飲ませ方(清潔な水を使用すること)を母親たちへきちんと指導しなかったのでしょうか。

私の知る限り、母親たちへのそういった指導は全くありませんでした。私たちセールスマンの仕事は、とにかく「この粉ミルクを勧めてください」と医者たちを説得するだけでした。粉ミルクのパッケージには、ウルドゥ語と英語でしか使用方法が書かれていません。それを読める貧困層の母親たちが一体どれくらいいるでしょう? 私たちセールスマンから、衛生面について触れることも一切ありませんでした。物品、金銭、そして自分たちの要求が満たされると、医者は自分の得になることしか考えなくなり、言われるがまま母親たちに粉ミルクを勧めていました。


(C) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014

私も、直接母親たちに使用方法などを教える場はなかったのですが、直接会ってプロモーション活動はしていました。ベビーショーの場を設けて、可愛くて賢そうな赤ちゃんを見せて、あたかもイ海両ι覆魄めばあなたの子どもこんな風に成長するイ噺世ぁ∧貎討燭舛縫汽鵐廛襪鯏呂靴討い燭里任后これは、WHOの国際基準(母乳代用品販売流通に関する国際基準)に明らかに違反する行為なのです。

―その際、パキスタン政府はどのような対応をしていたのですか。大手グローバル企業の横行を黙認していたのでしょうか?

告発するにあたり、私は証拠をまとめた法的通知を企業側に提出しました。そこから、企業からの脅迫が始まったのです。はじめは口頭の脅迫、次は「もしも公に発表するならば法的に起訴して刑事裁判を起こす」と、さらに強い脅しへと発展していきました。

私は人権支援団体の助けを借り、世界に事実を知らせるドキュメンタリーを作るためドイツに渡ったんです。この頃、はじめてパキスタン政府からの反応がありました。ムシャラフ将軍の名前で、「我々は多国籍企業を守ります」ということを明言されたのです。「一連の告発は、NGOが悪意をもってはじめたもの。こういった証拠は一切なく、パキスタンとしては多国籍企業の投資をこれからも誘致し、彼らのビジネスを守っていく。私のやっている行為は、企業に対する風評被害を起こす脅迫、そして個人的な復讐に対するものである」という内容でした。しかし企業側は、名誉棄損で起訴して企業のイメージが悪くなることを恐れて、実際の行動は起こしませんでしたね。

その後、この件を機に2002年にパキスタンでWHOの国際基準をようやく法制化したんです。私は祖国から離れて久しく、耳に入るニュースはポジティブなものばかりではないですが、少なくとも私がやったことによって体制が変わったということは良かったと思っています。しかし以前ほどではないにしても、依然として企業と医療機関の間で金銭のやり取りは行われているようです。

―昨今、アメリカをはじめ移民問題は世界中で大きな注目を浴びています。フセイン氏も、難民申請を何度も拒否されたと聞きました。

はい。一連の告発で、私はパキスタンに居続けることができなくなり、カナダで難民申請をしました。映画の本編には描かれていませんが、パキスタンで何者かによって自宅に銃弾を撃ち込まれたこともあり、命の危険を感じ、祖国を離れるという苦渋の決断をしたのです。

私は自分の身に起きたこと、グローバル企業を辞めた経緯、家に銃弾が撃ち込まれたことなど、難民申請の際に説明しました。しかしカナダの難民申請の機関からは、「あなたは信頼に足りる目撃者・証人ではありません」と断られたのです。さらに、「あなたが告発したグローバル企業は素晴らしい企業で、あなたが話していることは個人的な恨みなのではないか?」とまで言われたのです。銃撃されたということも信じてもらえず、「あなたは信頼に足る証人でない」と言われる度に、何度も何度も傷つきました。

それらの原因は、情報が欠如していることなのではないかと思います。その結果、私は7年間、家族や子どもたちに会うことができませんでした。再申請には7年の月日がかかりました。そして、ようやくトロント映画祭でこの映画が上映された時、カナダの大臣が2人やって来て、「あなたをカナダ市民として誇らしく思います」という内容が書かれた政府からの証書をもらったのです。15年経って、ようやく自分のやってきたことが認められてきたということに私は喜びを感じました。この映画を通して、私の身にあった状況を信じてもらえることだけでも、本当に充分な思いなのです。


カナダ・トロント映画祭に出席したフセイン氏(中央)。

―日本以外の国では公開が決まっていないと聞きました。日本で世界初公開されることについてどう思われますか?

世界のどこでも公開されていなかったこの映画が、日本で公開されることは大変喜ばしいことです。未だ他国での上映は決まっていなく、インド、パキスタンでも上映されていません。理由は定かでないですが、大手企業を扱っているのが好ましくないというのは確かだと思います。

私にとっては、この映画はエンターテイメントではありません。これは私の生死に関わる作品であり、赤ん坊と母親の権利についての映画でもあります。それだけに、日本の配給会社が劇場公開を決めたことは、非常に勇気ある一歩だと思います。

1000人の命とは言わずとも、1人の赤ちゃんの命だけでも救うことができたのであれば、告発した価値はあったのかなと思えます。私の父と母は亡くなってしまいましたが、この映画を観たらきっと私のことを誇らしく思ってくれると思います。この映画を、私を支え続けてくれた両親へ捧げたい。そして何より、愛する妻の支えなくしては、数々の困難を乗り越えられませんでした。


SYED AAMIR RAZA HUSSAIN
サイヤド・アーミル・ラザ・フセイン 1970年生まれ。1994年〜1997年の間、大手グローバル企業で粉ミルクのセールスマンとして勤務。その後、仕事を辞めて企業を告発。2003年に母国を離れ、7年後、離れて暮らしていた家族と再会を果たし、現在は家族5人でカナダ・トロントで暮らしている。カナダではドーナツ屋、タクシー運転手を経て、現在は息子の車のセールス業の手伝いをする傍ら、自身の体験を語る講演活動も行っている。

『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』
監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:イムラン・ハシュミ、ギータンジャリ、カーリド・アブダッラー、ダニー・ヒューストン、アディル・フセイン
http://www.bitters.co.jp/tanovic/
3月4日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次ロードショー。